職務経歴書を書く前に準備すること


業界・企業研究をする

前職と異なる業界・業種に転職を希望する場合は必ず業界・企業研究をしましょう。「なぜその業界を変える経緯に至ったのか」や「なぜその業種を希望するのか」を明確にしておきましょう。

また、同じ業界や業種の転職を希望する場合は、「なぜ働く会社や場所、環境を変えるのか」をハッキリしておきましょう。

これまでのキャリアを振り返る

社会人として入社してから現在までの流れを振り返り、自分年表を作りましょう。過去に勤務していた会社や期間だけでなく、具体的な業務内容や担当職種、その時に感じたことをできるだけ細かく掘り下げていきましょう。また実績や受賞歴、特殊なプロジェクトメンバーになった経験なども書き出しましょう。ここでは、箇条書きで書き出す形で大丈夫ですので、たくさん書き出しましょう。

書き出した内容をまとめる

今までの職務経歴や実績などを書き出した内容をまとめましょう。書き出した職務経歴や実績を客観的に見ることで、自分の強みや苦手なことがわかります。

志望する会社に合わせた内容をする

先ほどまとめた内容を志望する会社に合わせるように微調整しましょう。完全に合わせる必要はないですが、志望する会社が求める人物像にマッチするような職務経歴や実績をいくつか書いてあると、採用担当者の目に留まり、採用されやすいでしょう。

(広告の後にも続きます)

【テンプレートの前に】職務経歴書の書くポイント


A4サイズで1~2枚にまとめる

職務経歴書は、A4サイズの大きさで1〜2枚が最適です。多くても3枚以内にまとめましょう。採用担当者に興味を持ってもらいたいがためにいっぱい書きたいと思いますが、枚数が多すぎると「結局何を言いたいのか分からない」「まとめるスキルがないのかな」とマイナスな印象を持たれてしまう恐れがあります。たくさんアピールしたいことがあっても、1〜2枚にまとめるように書きましょう。逆に短すぎると、投げやりにしていると思われてしまうので注意しましょう。

採用担当者に興味を持ってもらえそうな内容にする

職務経歴書だけでなく、注目して欲しい時は「相手に興味を持ってもらうこと」が大切です。職務経歴書も採用担当者に興味を持ってもらえそうな内容にしなければなりません。志望する会社が求める実績やスキルなどの人物像を考えましょう。その人物像にいくつか類似しているところがあると、採用担当者は必ず興味を持つはずです。だからといって無理矢理合わせたり、虚偽のことを書いてはいけませんが、できるだけ会社が求める人物像に合わせた内容を書きましょう。

事実を客観的に書く

アピールしたい気持ちや意気込みから自分の考えなど主観的なことを書いてしまわないように注意しましょう。自分の職務経歴を客観的に書くことで、個人的な感情に振り回されず、冷静に行動できる人であることを主張できます。

具体的な数字を入れる

実績をアピールしたい場合は、具体的な数字を書きましょう。「新規契約を頑張りました。」というような主張だけでは、どれくらいすごいのかが明確に分かりません。

この場合、以下のような

「新規契約の目標件数を120%達成しました。」

「新規契約の目標件数を8カ月連続で達成し、平均1,200万円売上ました。」

などといった具体的な数字を盛り込んで数字に目が行くようにしましょう。

特に実績がなくても「3年間勤続した。」なども立派な数字です。できるだけ数字で表すことができる部分は、数字を使いましょう。

誰にでもわかる言葉を使う

専門用語を使わずに、誰にも分かる言葉を使って書きましょう。志望する会社が同じ業界・業種であれば共通する専門用語があるかもしれませんが、全く異なる業界・業種の会社の場合、専門用語を理解できません。

万が一、志望する会社が同じ業界・業種であっても、あなたが勤務していた会社だけの独自の呼び方という場合もあるので、専門用語は使わないようにしましょう。

見やすいレイアウトにする

職務経歴書は自分でレイアウトを変更しても構いません。しかし、見た目がごちゃごちゃになっていると、もちろん読みにくいです。またどんなに内容が魅力的であってもそれだけでマイナス評価になってしまいます。伝えたい内容がひと目で分かるように項目を分けたりして、レイアウトを整えましょう。

面接時に質問されることを想定して書く

職務経歴書は、面接時に履歴書と一緒に提出することがほとんどです。面接時に職務経歴に関する質問がされることを想定して職務経歴書を書きましょう。質問に対してきちんと答えることができるように回答も準備しておきましょう。

最後に誤字脱字がないかチェックする

当たり前のことですが、職務経歴書が完成した際に必ず誤字脱字がないか確認をしましょう。職務経歴書は正式なビジネス文書ですので、もし誤字脱字があると、マイナス評価に繋がりますので、注意しましょう。心配な人は友達や親などの第三者に見てもらうことをオススメします。