坂口杏里さん、夫の前で“推し男性”に抱きつく画がカオスすぎる 「本当にこんなに好きになった人、7年間の元カレと王子だけ」

 元タレントの坂口杏里さんが7月26日、夫婦の共同YouTubeチャンネルを更新。夫でバー店長の進一さんと、“推し男性”が同席してのトーク動画を公開しています。

 6月に“交際12日のスピード婚”で夫婦となった坂口さん&進一さん。7月中旬にはすれ違いによる離婚危機を乗り越えており、その後は共同のYouTubeチャンネルを開設して夫婦の日常をメインに発信しています。

 この日の動画には、坂口さんが結婚前に新恋人としてSNSで紹介したことがある“王子”こと松村央慈(おうじ)さんが登場。サムネイル画像にも「元カレと旦那が仲良くなった」とテロップをつけるなど、通常であれば交わり合うことが難しいと思われる“夫と元カレ”が同席しているというシチュエーションで動画はスタートしました。

 しかし、異色の3ショットトークが始まって早々、坂口さんと松村さんが実際には交際しておらず、一切は「冗談」「ネタ」だということが明らかに。坂口さんは「王子は私の推しです!」と、あくまで恋人とは違った存在の“推し”だとしていますが、「私、マジで王子のこと好きだったの。本当にこんなに好きになった人、2人目。7年間の元カレと王子だけ」と、あけすけの好意を抱いていたことが見て取れる発言も多々ありました。

 一般的に見ると複雑な立場にある進一さんは、松村さんの人となりを以前から知っていたこともあり、坂口さんが“推し”に抱いている好意を知りつつさほど気にしていない様子をみせ、「視聴者の人は絶対、『旦那さん大丈夫なの、妬かないの?』とか思ってるかもしれないけど、ここ(進一さんと松村さん)も超仲いいから」と両者の関係をきっぱり説明。

 “妻の推し”との共存が実現しているようで、坂口さんが「好き!」と松村さんに抱きついた場面の後にも、「僕はこれされてもいいんだけど」「とにかくこの子を悪く言わないでほしいです」など坂口さんをかばうような言葉を口にしていました。

 視聴者から賛否両論の感想が寄せられる中、松村さん本人もコメント欄に登場し、「恥ずかしいなぁ。ふたりのチャンネルで自分がしゃしゃり出ても悪いなと思ってましたが後半は酔ってます 自分は純粋にふたりの幸せを願ってます」とつづっていました。