益若つばさ、休業を宣言 骨折直後の“死体みたい”な写真とともに「命が危なかったか下半身付随」の可能性あったと告白

 モデルの益若つばささんが7月27日に自身のYouTubeチャンネルを更新し休業を宣言。仙骨骨折から約2週間たったころに撮影した動画を公開しています。益若さんは5月30日のInstagram投稿で、滞在先の米ロサンゼルスで仙骨を骨折し、寝たきり状態になったことを報告。その後、7月12日には帰国を伝えていました

益若つばさしばらく休業します。

 益若さんは動画でまず、帰国予定日に階段を踏み外して仙骨を骨折したときの様子を説明。アメリカでは救急車が高額で呼び方も分からなかったため、約1時間その場で横になっていたとして、本人いわく「ちょっと死体みたいになってる」当時の写真を紹介しました。

 動画コメント欄に書き込んだ自身のコメントによると、打ちどころが悪ければ命の危機や、下半身付随になる可能性もあったそうで、医師からは「ある意味歩けてラッキーだね」「とにかく命があって良かった」といわれたそうです。

 その後、飛行機に乗れないためアメリカ滞在を続け、知人家族の家で介護を受ける様子や、車いすごとワゴン車に乗っての移動の様子などを紹介。

 動画撮影時点では立って少し歩くことはできるものの、「お尻の穴に針を入れられるような感じ」「出産くらい痛い」と表現するほどの痛みで座れず、痛み止めがないと眠れないとのこと。テロップでは、動画投稿時の現在はこれより少し元気になっているとしながら、相変わらず寝たきりの生活は続いているとしています。

 益若さんは仕事がストップしていることについて謝罪した上で、「早く治って復帰したいです。またお仕事戻ったら呼んでください」とし、今後は車いすで仕事に行く可能性もあるとコメント。ファンへの「みなさん本当に階段、気を付けてください」「しばらくは休業してますけど私のことを忘れないでください」というメッセージも印象的でした。

 また、動画では“余談”とした上で、2021年6月に装着を報告した、避妊リング「ミレーナ(IUS)」についても言及。

 「私、ミレーナを入れて1年経つんですけど、ちょうどアメリカ(での骨折期間)で生理になってしまって、でも、ほぼ出血がなくて、たぶんこれ普通に生理だったら痛すぎて……ナプキンも替えたりとかできないんですよ。本当に危なかったなと思うのでミレーナを入れてよかった」と、ミレーナによる月経の軽減が骨折療養中の負担を軽減してくれたことを力説しました。

日本への帰国を報告する益若さん

五月アメボシ