蒔田彩珠、20歳バースデーに幼少期の浴衣ショットを公開 「変わってない」「子役時代が懐かしい」

 俳優の蒔田彩珠さんが8月7日にInstagramを更新。20歳を迎えたことを報告するとともに、幼少期に撮影されたかわいらしい写真を公開しています。

 誕生日をお祝いされているうれしそうな写真を投稿し「20歳になりました!」と報告した蒔田さん。「素敵な大人になる!」とこれからの目標を元気よく伝えるとともに、幼少期に撮影された浴衣を着た写真や車内で撮られたダブルピースショットなどを公開しました。

 ファンからは「子役時代が懐かしい」と昔を懐かしむ声や「変わってない! 可愛いよー」「めーーーーーーーっちゃ可愛い」と今も昔もキュートなことにときめく声とともに、「1番最初に飲むお酒はなんでしょー? 報告待ってます!」と20歳になって初めて飲むお酒を知りたがる声が寄せられています。

 蒔田さんは7歳で子役デビューし、多くのドラマや映画に出演。2020年に出演した映画「朝が来る」では中学生で出産する片倉ひかり役を熱演し、「第45回報知映画賞」助演女優賞や「第44回日本アカデミー賞」新人俳優賞など多くの賞を受賞。2021年にはNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」で清原果耶さん演じる主人公の妹役を演じ、高い演技力が評価されています。