広田レオナ、新型コロナの自宅療養を終えるも「肺ガン術後3ヵ月くらいに戻った感じ」 映画撮影は続行

 俳優の広田レオナさんが8月15日にブログを更新。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)陽性に伴う自宅療養を終えるも、体調が思わしくないことを伝えています。

 広田さんは3日に発症を報告し、喉の痛みと寒気、発熱といった症状や、夫・ヒロムさんもPCR検査で陽性だったことを説明。

 その翌々日5日には病床がいっぱいで入院できないと告白。2021年6月に肺がんの手術を受けた広田さんは「ハイリスク患者」にあたりますが、それでも入院は100人待ちという窮状を伝えていました。

1月に公開されたヒロムさんと広田さんの2ショット

 今回の投稿で広田さんは無事に自宅療養を終えたことを報告。ひとまず安心していい状況になったようですが、「自宅療養終えて、さぁ、動かなきゃ……なんだけど 痰のつまり、頭クラッ、身体痛っ、身体重っ、なんといっても、やはり、ちょっと動けば呼吸と心拍数 呼吸も辛いが心臓の負担もね」と、体調は思わしくない様子。

 投稿された写真のパルスオキシメーターの数値は、SpO2(動脈血酸素飽和度)が91、心拍数が160となっています。日本呼吸器学会のWebサイトによるとSpO2の標準値は96~99%とされ、90%以下は呼吸不全にあたるとされています。また、厚生労働省のWebサイトによると、健康な成人の安静時の脈拍数は1分間に約60~100回となっています。

 万全とは言い難い体調に広田さんは、「肺ガン術後3ヵ月くらいに戻った感じ こりゃ、リハビリに時間がかかりそう……」と嘆き。その上で、「しかし私は映画の撮影中でして……無理するしかない 明日はご先祖様にお線香あげて廣田家パワーをお借りして頑張るぞぉ~ ファイトですっ!」と映画撮影を続行する構えを見せています(関連記事)。

五月アメボシ