がん闘病の秋野暢子、2カ月半ぶりに一時帰宅 4クール目の抗がん剤治療へ英気養う「前進あるのみ」

 食道がんで闘病中の俳優・秋野暢子さんが9月12日にブログを更新。3クール目の抗がん剤を終えて一時退院し、約2カ月半ぶりに自宅へ戻ったことを報告しています。

 ステージ3の頸部(けいぶ)食道がん治療のため6月24日に入院生活を始めた秋野さんは、2クール目の抗がん剤治療と全30回の放射線治療を終えて8月25日に一時退院。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の感染リスクを考慮して娘が待つ自宅には戻らずにホテル滞在を選択し、9月5日には3クール目の抗がん剤治療のため再入院していました。

 11日に3クール目の抗がん剤治療を終え、12日に再び一時退院した秋野さん。この日の投稿では、「6月24日に入院して、今日一時帰宅。長いような、あっという間のような。次の抗がん剤《4クール》まで自宅で静かに静養します」と約2カ月半ぶりに自宅に戻ったことを明かしています。

 秋野さんは2匹の愛犬との生活を心待ちにしていましたが、「私がワンちゃんアレルギーで、免疫が落ちる抗がん剤治療の間は、なるべくワンちゃんに触れないほうが良いそうなんです」と免疫力が上がるまでは知人宅に預けることになったことを報告。「家に戻っても2人が居ないのが凄く寂しいけど………………これも、治療を貫徹するため! と我慢。後、ホンの少しの我慢!! 我慢!! 鬼退治前進あるのみ」と寂しさを紛らわせるように自身を奮いたてていました。

 また続くエントリでは、「娘とA君(娘の彼氏)から手紙と娘が作ってくれたカワイイ飾りが待ってました」と自宅に退院祝いのメッセージカードが準備してあったことをうれしそうに伝えた秋野さん。「ホッとして一段落」と久々の自宅はやはり居心地がいいようで、「入院中に溜まった郵便物をタラタラと片付けてます。留守番電話が28件も入ってました。(笑)」と入院生活とは違った“日常”を感じる作業に取り組んでいることを明かしています。

 ファンからは、「お家に帰られて良かったですね。我が家が一番ですものね 元気を沢山蓄えて下さい」「一時帰宅、本当に良かったです! やっぱり自宅が1番ですよね」「一時帰宅おめでとうございます! ゆっくり療養くださいませ」「こ自宅に帰れるの嬉しいですね ワンちゃんたちと会えないけど一緒に過ごせる日も段々と近くなってるので もう少しもう少しですね」など温かなコメントが多く寄せられました。