【店員さん、天使ですか!?】荷物持ちを手伝う息子を「可哀想だ」と言う老人。しかしその直後、店員の”意外な一言”で見事な撃退劇が!!

子連れで外出していると、世間の心無い一言に傷ついてしまうことも。
一方で、親切にしてもらった記憶は一生心に残りますよね。

今回は実際に募集した、外出先でのスカッとエピソードをご紹介します!

可哀想って何!?

息子たちが幼い頃、夫が休日も出勤が続いて、
食品の買い出しは徒歩圏内のスーパーに土曜日に息子たちと一緒に行っていました。

息子たちが牛乳を毎日1リットル消費していたので、彼らのリュックには牛乳パック2本、
それ以外にも食材を沢山詰めて、私も両手に大きなレジ袋を提げて帰るのがルーティンです。

そんなある日、レジを終えてリュックに食材を詰めていたら傍にいたおじさんが息子に
「君ら可哀想だなぁ…そんなに重たいもの持たされて!」と言いました。

ムカつきましたが、相手にするのもアホらしいので無視していると、顔なじみの店員のおばちゃんが「いつも偉いよね!自分が飲む牛乳だもんね!お母さんのお手伝い頑張ってるね!」と息子たちを褒めてくれたのです。

おかげでおじさんは黙って帰ってくれました。

ありがとうおばちゃん!
ワンオペで疲れ果てていた私には彼女が天使に見えました!

(40代/パート)

(広告の後にも続きます)

読者の感想

ナイスタイミングのフォローでしたね!
しかも嬉しいお言葉!!
おつかいのお爺さんは何も知らないのだから無視して正解だったと思います。
息子さんたちも自分の飲む牛乳とわかっているのだから、嫌がって持っているわけでもないでしょうし。
(40歳/会社員)

店員さん、よく見てくれている!嬉しい!ありがとうございます!
ワンオペの大変さや、その家の家庭事情など全部知らないおじさんに、文句を言われるの筋合いはないー!
無視しようと、相手にしなかったのも素晴らしい!世のお母さん方お疲れ様です。
(32歳/主婦)

子どもだけが持っていたわけではなく、お母さんも大きな袋を両手に持っている状況で、そのお爺さんはどうしろと言いたいのでしょうか。
店員さんが言うように、お子さんも偉いですしお母さんも頑張ってて偉いと思います。
(26歳/会社員)