北斗晶、長男の結婚式で“最高の親孝行”を経験 「うちに来てくれて本当に有難い」と嫁・門倉凛に感謝

 タレントの北斗晶さんが11月8日、長男・健之介さんとプロレスラー・門倉凛さんの結婚披露宴を終えてブログを更新。披露宴の準備中に経験したという“最高の親孝行”を明かしています。

 北斗さんは6日、5月に結婚した息子夫婦の披露宴を行ったことを報告。夫の佐々木健介さんとともにブログやInstagramを更新し、タキシード&ウエディングドレスに身を包んだ新郎新婦の写真や、ジャガー横田さん、長与千種さん、ライオネス飛鳥さん、ダンプ松本さん、アジャ・コングさんらレジェンド級の女子プロレスラーが大集合した迫力満点の記念写真を公開していました(関連記事)。

 北斗さんはこの日、今年一番のビッグイベントを終えて日常が戻ってきたことを報告。「結婚式って、改めて大変ですね~」としみじみ振り返っており、「結婚式の立派な姿は最高の親孝行だと皆さんに言っていただきましたが。私は真夜中に、リビングに大きな紙を広げて2人でニコニコしながら結婚式の細かな点を決めてるその姿が最高の親孝行だと思いました」と披露宴に向けて二人三脚で準備に励む息子夫婦の姿こそが、何よりの親孝行だったことを明かしています。ステキな視点……!

 息子夫婦は夜遅くまで、「これはお金がかかるから削ろう。これはなんとしても入れたい。ご飯と引き出物だけは立派にしたい」と披露宴の演出や料理など綿密な話し合いを重ねていたとのこと。北斗さんは、「そんな会話を傍目で聞きながら この子がうちに来てくれて本当に有難い」としっかり者の門倉さんにあらためて感謝の思いが湧いたそうで、「皆様には末永く、若夫婦を見守っていただきたくお願い致しますm(_ _)m」とファンに頭を下げていました。

 ブログ読者からは、「(息子夫婦が)ちゃんと披露宴も自分たちで見積もっていたことに感動しました」「お疲れ様です!! 結婚式の準備は本当に大変ですね」「盛大な結婚式ですから、それは、準備が大変だったと思います。皆様疲れが出る頃だと思います」「久しぶりの盛大な結婚式ではないでしょうか。コロナで世の中が混沌としている中で、本当に明るい話題になりました。お疲れ様でした」など反響が寄せられています。