W杯の国際映像に映り込んだ“ 謎の美女” 「あなたのファンになりました」と世界中からフォロー集まる 

 ガールズバンド「PARADOXX」のドラマー・SHONOさんが11月24日にTwitterを更新。FIFAワールドカップのカタール大会を現地で観戦中に、FIFAの国際映像に映り込んだことで、フォロワーが急増していることを報告しています。

 22日にドーハ入りしたことを明かしていたSHONOさん。「サウジアラビアがアルゼンチンに勝利したことによって大喜びのメキシコ!!!」「ワールドカップって感じで最高」と開戦した現地の様子を報告し、「まじ日本もサウジアラビアの流れにのりたい」と期待をコメントしていました。

 続く23日、日本対ドイツ戦を観戦し「日本のユニフォーム、日本の国旗が誇らしい!!! 本当に最高な試合をありがとう!!!!!」と2対1での日本の勝利を喜ぶ様子を、ユニフォーム姿の写真とともに報告。続けて「韓国の地上波にもうつってたみたいで韓国の方々からめちゃくちゃフォローされるw」と地上波の映像に映り込んだことで、フォロワーが急増したことを明かします。

 さらに「韓国だけじゃなくてFIFAの国際映像だったみたい!!! すごいよ!」「世界デビューしました!」と地上波だけでなく国際映像で流れていたことを驚きつつ報告したSHONOさん。この投稿には2万超のいいねが寄せられ、世界各国から「美しい」「この美人は誰なの」「あなたのファンになりました」とコメントが相次ぎました。

 SHONOさんのTwitterは3万4000フォロワー、Instagramは2万9000フォロワー(25日時点)となっており、日本のファンからは「昔から存じ上げてましたが、、、一気に世界デビューで驚きです」「世界のショーノ」「SHONOさんの可愛さが世界にバレてしまった」「SHONO氏を見逃さないスタッフやりおる」「抜かれると思ってたよ!!」「勝利の女神すぎる!」「マジかわいい! かわいさ、美しさ日本代表!」と突然の国際的拡散に、歓喜の声が寄せられています。

 SHONOさんは2013年にソニー・ミュージックエンタテインメント主催の「ウタカツ! オーディション」で準グランプリを受賞。サッカー好きを公言しており、サッカー専門誌『サッカーキング』運営のWeb番組「ハーフタイム」のアシスタントとしても活動していました。

 2020年10月に「ラトナ」へと事務所を移籍すると、ゲーム「FIFA MOBILE」の番組やイベントMCなどを務めた他、2021年から「PARADOXX」のドラマーとしても活動。また2016年にもレアル・マドリード公式SNSでSHONOさんの応援する様子が取り上げられ、注目を集めたこともありました。