「閲覧注意です」だいたひかる、がん治療後の長期化する“腕の浮腫”が悪化 「痛々しい」「めっちゃパンパン」と心配の声

 お笑いタレントのだいたひかるさん11月24日にブログを更新。長期化する右腕の浮腫が悪化したことを報告しており、ファンからは「すごい浮腫だけど大丈夫ですか?」「早く良くなる事を願います」など心配の声があがっています。

 「閲覧注意です」のタイトルでブログを更新しただいたさんは、手の先までパンパンに浮腫んだ右腕の写真を公開。「包帯の巻き方が、うまく出来ていなくて…」と浮腫を抑える包帯の巻き方に苦戦しているそうで、「指の間が痛くなり、(親指と人差し指)早めに包帯をとったら…手がパンパン」と痛みも出ていることを明かしています。

 過去の乳がん手術の際、転移があったリンパ腺を摘出した影響でリンパ浮腫となっただいたさん。2022年6月に手術を受けて一度は改善するも、10月には「手術をして、手がスッキリしたのも束の間…また膨れてきてしまい」と再発したことを伝えていました。

 現在はセカンドオピニオンで新たな病院に掛かり、包帯を巻いて浮腫を抑える治療を継続。治療開始時のエントリでは、「巻き方を教わった先生に、『(子どもの)抱っこも諦めなくて良いですよ!』と言われて」「先生の言葉を思い出して、頑張ります」と意気込みをつづっていました。

 ブログ読者からは、「うわぁぁぁ!! 大丈夫ですか?! 指も手首も腕も…」「めっちゃパンパン 大丈夫ですか? 包帯の巻き方難しいんですね」「かなりの浮腫ですね、包帯巻き巻きは良い方法だと喜んでいたけどコレは痛々しい。もう一度相談してみても良さそうな感じですね」など心配のコメントが多く寄せられています。