「赤楚衛二」出演ドラマ・映画人気ランキング! 1位は「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」

 ねとらぼ調査隊では、2022年11月3日から11月10日までの間、「『赤楚衛二』出演ドラマ・映画であなたが好きな作品は?」というアンケートを実施していました。

 多くのドラマや映画に出演を続けている赤楚さんは、2022年10月に放送が始まったNHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」にも出演。ヒロインの幼なじみである梅津貴司を演じ、そのやわらかな雰囲気や笑顔で人気を集めています。

 今回のアンケートには、1830票もの投票をいただきました。たくさんの投票、ありがとうございます! どの作品が支持されていたのか、さっそく結果を見ていきましょう。

第2位:仮面ライダービルド

 第2位は「仮面ライダービルド」。得票数は340票でした。「平成仮面ライダー」シリーズの19作目として2017年から2018年にかけて放送された作品で、主演を務めたのは犬飼貴丈さんでした。犬飼さん演じる記憶を失っている青年・桐生戦兎が「仮面ライダービルド」に変身し、持ち前の頭脳を生かしながら戦いに身を投じていくという作品です。

 赤楚さんが演じたのは、戦兎の相棒となる万丈龍我。喜怒哀楽がはっきりした熱血漢で、つらい過去を背負いながらも「仮面ライダークローズ」に変身し、ビルドとともに戦いを繰り広げます。戦う姿がかっこいいのはもちろん、時に飛び出す間の抜けた発言も魅力でしたよね。2019年には、万丈を主役に迎えた映画「ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ」も制作されました。

(広告の後にも続きます)

第1位:30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい

 第1位は「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」でした。得票数は868票です。「チェリまほ」の愛称で親しまれている本作は、豊田悠さんの同名漫画を原作とする作品。2020年にテレビ東京系で連続ドラマが放送されると大きな話題となり、2022年には続編となる映画「チェリまほ THE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい~」が公開されました。

 赤楚さんが演じたのは、主人公のさえないサラリーマン・安達清。童貞のまま30歳を迎えたことで、「触れた人の心の声を読める魔法」を得た安達は、町田啓太さん演じる有能営業マンの同期・黒沢優一から思いを寄せられていることを知ることに。そんな2人の初々しい恋愛模様を描いており、ピュアでかわいらしい姿にキュンとした人も多かったのではないでしょうか。

 コメント欄では、「好きな作品はいくつかありますが、何度もリピしたくなるのはチェリまほです」「チェリまほで赤楚さんを知り、役者さんってスゴイと思いました」といった声が寄せられ、高い支持を受けていることがうかがえますね。