「全員死ねばいいのに」人気グラドル、局部写真送るファンにうんざり 被害明かす→被害拡大で「俺が死ぬわ」

 グラビアアイドルの麻倉瑞季さんが、ファンから受けているというネット上での迷惑行為について言及。言及したことで状況が悪化してしまったことを歯に衣着せぬ言葉で明かし、ファンから「夢にも出てきそうな勢い」「なんで増えるんだこの流れで」など心配の声があがっています。

「全員死ねばいいのに」→「俺が死ぬわ」

 「ミスマガジン2022」のミスマガジンに輝くなどグラドルとして活躍する麻倉さんは6月12日、Instagramのストーリーズを更新し、自身にメンションが付けられた投稿を紹介。それは、麻倉さんの写真の上に局部を露出したわいせつな画像。海外ではFlash、Cyberflashing、日本では「チン凸」と呼ばれることもある性犯罪、嫌がらせ行為です。

 麻倉さんは局部を加工した形で投稿していましたが、「こうやってメンションして陰部見せてくる男まじきもい捕まって欲しい」と不快感をあらわにしていました。

 これで収束するかに思われましたが、その後麻倉さんはXで、上述したストーリーズにメンションの形でチン凸を行ってくるユーザーが出てきたことを報告。イライラが高まったのか、「捕まって欲しい」から「全員死ねばいいのに」と語気も強めながら、「今日だけで7つのちんこ見たわ。俺が死ぬわ」とチン凸に閉口としていることを伝えていました。

 さらにその後、「増えた。15本見たわ」とチン凸被害がさらに拡大していることを報告。ファンからは通報や被害届を行うべきだという声の他、「もう、ガン無視した方が良い、レスあるから調子に乗る」「反応を見て楽しもうとしてるだけだろうから、ひたすら無視&永久追放で」などアドバイスする声が多く寄せられています。