日本テレビ (C)週刊実話Web

6月9日に最終回を迎えたドラマ『ACMA:GAME アクマゲーム』(日本テレビ系)の映画化が決定。『劇場版ACMA:GAME 最後の鍵』とのタイトルで、10月25日に公開される。

同ドラマは、『週刊少年マガジン』にて連載された同名漫画が原作。間宮祥太朗が主演を務め、デスゲームとなる「アクマゲーム」を舞台に、裏切りや欲望が渦巻くストーリーがテンポよく展開された。

【関連】『グランメゾン東京』で異次元のPR戦略!? 木村拓哉“家族総出”でなりふり構わず番宣か ほか

同ドラマの映画化について、実は日本テレビ内部では疑問の声が出ているという。

というのも、初回の世帯平均5.7%(関東地区/ビデオリサーチ調べ)を最高視聴率として、その後は3%台を推移。最終回は世帯2.9%、個人1.7%という大惨敗を喫している。

若年層がメインとなるコア視聴率も悪く、TVerでのお気に入り登録者数も最終回までで39万人と低迷した大コケドラマなのだ。

なんでこんなドラマに先行投資を…

ではなぜ、無理やり映画化されるのか?

内情をスポーツ紙記者が明かした。

「間宮もコメントを出していますが、日テレはドラマ化が決定した時点で映画版の制作も決めていた。日テレは、映画化だけでなく関連会社を通じてゲームアプリの開発も考えていたようだ。かなり期待を込めて作られたドラマであることが分かるが、あまりの人気のなさにアプリの話は立ち消えになるかもしれない。日テレ内部でも、なんでこんなドラマに先行投資したのかと疑問視されている」

幸先悪い形でのスタートだが、すでに撮影の大部分は終了してしまっているのだとか。

「日テレは、経費削減しようと、ドラマと映画の撮影を同時期に開始。それが完全に裏目に出てしまいましたね。ドラマの最終回は映画版に続くような歯切れの悪い終わり方で、視聴した数少ないファンを失望させた。映画版は原作にないオリジナルストーリーになるといわれているので、原作ファンにそっぽを向かれる可能性もあります。このままだと、過去にない大爆死、大赤字となるかもしれません」(民放関係者)

日本テレビには、死力を尽くしておもしろい作品に仕上げてもらいたいところだ。