私のサバ缶キャベツレシピは、せん切りしたキャベツに、サバの水煮缶か、みそ煮缶を加えて混ぜ合わせるだけ。好みで塩、コショウ、マヨネーズを少し加えて、味を調えれば、ほんとうにおいしいサラダが出来上がります。ご飯にもお酒にも合うし、おいしいサンドイッチにもなります。【体験談】山田邦子(タレント)

プロフィール

山田邦子(やまだ・くにこ)

1960年6月13日生まれ、東京都出身。1980年、芸能活動を開始。『オレたちひょうきん族』『やまだかつてないテレビ』などで人気に。1988年〜1995年には、NHK好きなタレント調査8年連続1位。2018年、長唄名取『杵屋勝之邦(きねやかつのぶくに)』襲名。2007年、乳がんが発覚、手術。その後再発なく、術後14年を迎えている。近年では厚生労働省のがん検診率向上委員を務める。2020年からはYouTubeにて、『山田邦子 クニチャンネル』を開設、人気を集めている。

(広告の後にも続きます)

サバのしっとり感とキャベツがとても合う

私は5、6年以上前から「サバ缶キャベツ」にハマっており、定番メニューとして食べ続けています。サバ缶自体も長年、食べていますが、最近あらためて、「サバ缶って旨いな、サバ缶キャベツっていいな」と、おいしさに開眼しています。

私は釣りが趣味なので、生のサバを釣って料理することもあります。もちろんおいしいのですが、缶詰ならいつでも食べられて調理も楽だし、ほんとうによくできていると思います。

サバ缶は安いと100円くらいで買えるので、安売りしているときに買って、家に常備しています。

それに加えて、私はキャベツが大好き。ふだんからよく使う食材です。生でもゆでてもおいしいし、芯まで甘いので、よくスライスして食べます。消化を助けるから、胸焼けしたときにも、とてもいいんですよ。

このように、私の好きな食材を二つ組み合わせた物が、サバ缶キャベツ、というわけです。

私のサバ缶キャベツレシピは、せん切りしたキャベツに、サバの水煮缶か、みそ煮缶を加えて混ぜ合わせるだけ。

好みで塩、コショウ、マヨネーズを少し加えて、味を調えれば、ほんとうにおいしいサラダが出来上がります。サバ缶のしっとり感と、キャベツのシャキシャキ感がとても合うのです。ほかにも、ポン酢と和えても合いますね。さらに春キャベツなら、最高です。

ふだん料理をしない人でも、最近はスーパーにせん切りしたキャベツが売っているので、そのキャベツとサバ缶を混ぜ合わせればOK。包丁も火も使わずにできます。

実はこのレシピ、私のYouTubeチャンネル『山田邦子 クニチャンネル』でも紹介し、大好評でした。

サバ缶キャベツはご飯にもお酒にも合うし、パンにマスタードを塗って挟めば、おいしいサンドイッチにもなります。ダイエット中なら、サバ缶キャベツだけで、食事を終えてもいいかもしれませんね。

ちなみに我が家には、食べたり飲んだりしたあとにやってくるお客さんが多いんです。そんなとき、このサバ缶キャベツをサッと出すと、ちゃんとした料理を一品出したかのように、皆が喜んでくれます。サバ缶キャベツは、食べごたえがあるのに、消化がいいので、翌日に胃もたれもしません。

それから、私は今、体力づくりのため筋トレをやっています。サバ缶キャベツには、たんぱく質が多く含まれるので、筋肉づくりにもいい気がします。

ちょっと体がでっぷりしてきて、洋服がきつくなったときに取り入れると、ボディラインがスッキリします。食べながら筋トレをしっかり続けていると、体重が2、2kg減るので、ダイエットメニューにもいいんじゃないでしょうか。