2012年にアメリカの医学誌に掲載された論文以降、コーヒーが健康によいという論文が相次ぎました。その中で、明確な予防効果が示されたのが糖尿病です。コーヒーを1日3杯飲む人でほぼ2割、5杯飲む人で3割、2型糖尿病のリスクが低下すると報告されています。【解説】石原藤樹(北品川藤クリニック院長)

解説者のプロフィール

石原藤樹(いしはら・ふじき)

北品川藤クリニック院長。医学博士。信州大学医学部医学科大学院卒業。研究領域はインスリン分泌、カルシウム代謝。診療のかたわら、ほぼ毎日更新している『北品川藤クリニック院長のブログ』は、現在毎日15000アクセスを超える人気ブログに成長。著書に『コーヒーを飲む人はなぜ健康なのか?』(PHP)などがある。
▼北品川藤クリニック院長のブログ(公式ブログ)

(広告の後にも続きます)

コーヒーが寿命を延ばすという論文が発表された

コーヒーは刺激が強く、体に悪い──。なんとなく、そう思っている人は多いのではないでしょうか。

私も、コーヒーの研究を始めるまではそう思っていました。ところが、実際に臨床でコーヒーのデータを集めたところ、意外な結果が出たのです。

その話をする前に、私がコーヒーの研究をするようになったいきさつをお話ししましょう。

私は学生時代から、コーヒーを1日に10杯は飲む大のコーヒー好きで、この習慣は今でも続いています。こうした嗜好品や生活習慣は、健康にどのような影響を及ぼすだろうか。あるときそう考えて、問診で、患者さんにコーヒーの摂取量を聞き、糖尿病との関連を調べました。

なぜ糖尿病かといえば、私は長年、内分泌や糖代謝の研究に携わっていたからです。この調査を10年にわたって行い、5000件を超えるデータが集まりました。

それを分析した結果は、驚くべきものでした。コーヒーを飲む人ほど、糖尿病になるリスクは低く、1日に3杯以上飲む人は、全く飲まない人より、2割以上もリスクが減っていたのです。こんな結果は、当時見たこともありませんでした。

もちろん、この調査は大学で行うような本格的な臨床研究ではありませんが、コーヒーは決して体に悪くない。むしろ健康によいのではないかという確信を、私はひそかに持つようになりました。

それ以来、コーヒーに関する文献や論文を読みあさるようになりましたが、その頃は、健康に否定的な論文が大多数でした。

その潮目を変えたのが、2012年に、アメリカの有名な医学誌(ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン)に掲載された論文です。

40万人以上に行った健康調査で、コーヒーを1日6杯以上飲む人は、全く飲まない人に比べて、糖尿病、心臓病、脳卒中、呼吸器疾患、感染症などによる死亡リスクが低下し、総死亡のリスクも低くなることがわかったのです。

コーヒーは、糖尿病だけでなく、あらゆる病気によって起こる死亡のリスクを減らし、寿命を延ばす。そういう画期的な結果が出たのです。

1日に3杯以上飲む人は糖尿病のリスクが低い。4