キャベツダイエット即実践法!糖質好きにおすすめの食べ方やレシピを紹介

現役の医師が20kg痩せた方法として認知されたキャベツダイエット。

「キャベツ食べるだけで本当に痩せるのかな?」

「噂を聞いてやってみたけど痩せなかった」

「いまいち方法が分からない」

などの疑問を抱いている方もいるのではないでしょうか?

そこでこの記事では、キャベツダイエットについてくわしく解説していきます。キャベツダイエットは麺やご飯など糖質が好きな方が実践するとスムーズに痩せられる方法なので、ぜひ参考にしてください。

キャベツダイエットは糖質が好きな方におすすめ!

キャベツダイエットとは、キャベツを食前に食べることで体脂肪が増えないようにするダイエット方法です。とくに、糖質が好きでついつい食べ過ぎてしまう方におすすめ

正しいやり方で実践すれば、個人差はあるもののキャベツダイエットで減量できるはずです。しかし、これまでさまざまなダイエットにチャレンジしてきた方からすると「本当にキャベツを食べるだけで痩せるのかな…?」と疑ってしまう気持ちもあるかと思います。

納得したうえでダイエットに取り組めるよう、キャベツを食前に食べることで痩せやすくなる理由をお話ししていきますね。

(広告の後にも続きます)

キャベツダイエットはなぜ痩せる?

キャベツダイエットが痩せやすい理由は次の3つです。

  1. 血糖値の上昇を抑えるから
  2. 便通をサポートできるから
  3. 浮腫みの予防も期待できるから

順に解説しますので、参考にしてください。

1.血糖値の上昇を抑えるから

キャベツは100gあたり1.8gの食物繊維を含んでいます。食物繊維は糖質の吸収を抑える働きがあり、食事による血糖値の上昇を緩やかにします。

血糖値が上昇すると分泌されるのがインスリンというホルモンです。インスリンはエネルギーを必要とする細胞へ糖質を届けるほか、過剰な糖質は脂肪へ変換して体脂肪として蓄積させていきます。

糖質が体脂肪に変わる一連の反応を抑えるのが食物繊維です。食物繊維は糖質の吸収を緩やかにします。結果インスリンの分泌過多を防ぎ、脂肪になりにくい体をつくります。

2.便通をサポートできるから

食物繊維はお腹の調子を整える働きもあり、便通をサポートします。便の量を増やしたり腸壁を刺激したりして、排便を促します。

便が腸内にたまるとガスの発生や腸内環境の悪化だけでなく、代謝が落ちて痩せにくい体になってしまうこともあります。スムーズに排泄できる状態を維持できるよう、キャベツなどの便通をサポートする食物繊維の多い野菜を食べることがおすすめです。

3.浮腫みの予防も期待できる

キャベツはカリウムというミネラルも含んでいます。カリウムは体内のナトリウムの量を一定の値に保つ働きがあります。ナトリウムが多いと体は必要のない水分まで蓄えてしまう、いわゆる浮腫んでいる状態です。キャベツなどカリウムを含む野菜を食べることで、浮腫みの予防が期待できます