梅干しの「バニリン」という成分に、脂肪を燃焼させる効果があることが判明しました。また、バニリングコシドという成分も、加熱するとバニリンに変化するため、「焼き梅干し」にして食べるとより高い効果が期待できます。【解説】宇都宮洋才(和歌山県立医科大学准教授・大阪河崎リハビリテーション大学客員教授)

解説者のプロフィール

宇都宮洋才(うつのみや・ひろとし)

和歌山県立医科大学准教授。大阪河崎リハビリテーション大学客員教授医学博士。専門は細胞生物学。古くから民間療法として使われていた梅干しの効能を、医学的な観点で研究して解き明かす。テレビや講演では、梅干し博士として人気。

(広告の後にも続きます)

毎日食べる人のほうが肥満度が低い

梅干しは多彩な健康効果を持つ食品ですが、肥満防止に役立つ成分が含まれていることは、あまり知られていません。

その成分を詳しく解説する前に、まずは私自身の体験からお話ししましょう。

私は一時、体重が100kgに達していました。さすがにやせなければと思ったものの、足腰が悪く、運動は思うようにできません。そこで梅干しを中心に、食生活の改善に取り組みました。

ご存じのように梅干しは酸味が強く、少量でも「食べた!」という実感のある食品です。食事のときにまず梅干しを口にして満足感を味わい、ご飯の量を減らすように心がけました。野菜を多くとるなど、食事内容にも気をつけました。

こうしてダイエットしたところ、4ヵ月で16kgも減量することができたのです。その後、多少の増減はあるものの、大きくリバウンドすることはなく、現在の体重は82kgです(身長は176cm)。

梅干しが肥満防止に役立つことは、次の調査からも示されています。私たちは、和歌山県の紀南地域に住む人を対象に、「梅干しを食べる習慣と肥満度の関係」を調べました。

その結果、梅干しを食べない人に比べ、毎日食べる人の方がBMI(肥満度を表す指数)が低いことが判明しました。

BMIは22が適正値とされています。梅干しを食べない人の平均は22を超えたのに対して、「梅干しを毎日1~2個食べる」人は21、「毎日3個以上食べる」人は19という結果でした。