脂肪を燃焼させる成分が2割アップ

先の調査結果を受けて、私たちは梅干しのどんな成分が有効なのかを研究しました。そして、「バニリン」という成分に、脂肪を燃焼させる効果があることが判明しました。

バニリンは小腸で吸収され、脂肪細胞に刺激を与えます。その刺激によって、脂肪細胞内に蓄えられている脂肪が燃焼し、脂肪細胞が小さくなることで、やせるというわけです。

また、梅干しは、バニリングコシドという成分も含みます。この成分自体に脂肪燃焼効果はないのですが、加熱するとバニリンに変化することがわかりました。

ですから、梅干しを加熱して「焼き梅干し」にして食べると、より高い効果が期待できます(作り方は下項参照)。

あるテレビ番組で行った実験では、梅干しを電子レンジで1分加熱すると、バニリンの含有量が約20%増えました。

また、梅干しはクエン酸も豊富に含みますが、加熱することで、これに糖分が結合し、「ムメフラール」という物質ができます。ムメフラールは血液が固まりやすくなるのを防ぐ働きがあり、血流の改善と、血栓ができるのを予防します。

いわゆる「血液サラサラ」効果です。血流がよくなれば、体が温まって代謝も上がり、ダイエット効果も高まります。

なお、バニリンやムメフラールがダイエットに効果的といっても、加熱し過ぎると、せっかくの梅干しの風味が損なわれてしまいます。体によくても、おいしくなければ続きません。

「梅干しに含まれる水分が少し飛んで、風味が増す程度」を目安にしましょう。

(広告の後にも続きます)

焼き梅干しの作り方

【材料】
梅干し(種類はお好み)……適量

【作り方】
耐熱の器に梅干しを入れ、ラップをかける。500Wで1分ほど温める。

加熱には電子レンジを使うのが簡単で、焦がす心配もなく、お勧めです。ただし、電子レンジで一気に加熱すると、梅干しが破裂することがあります。1分くらいずつ様子を見ながら、自分好みの仕上がりになるように調整してください。

【食べ方】
1日1~3個食べる。食べるタイミングは自由。

梅干しには、「白梅干し」「赤ジソ漬け」など、多くの種類がありますが、どれも梅の実から作られているので、バニリンを含んでいます。焼き梅干しには、どれを使っても構いません。