川島旅館「とよとみフレーバーバター」は、究極のグルメギフト!

いつかお取り寄せしてみたいな、と憧れていた、北海道・川島旅館さん「とよとみフレーバーバター」。
今回、姉妹アカウント『hitotemaお取り寄せ部』で取り上げると聞きつけ、hitotema編集部スタッフも押しかけて一緒に味わってきました。


以前はキャンディ型のかわいらしいフォルムでしたが、今はこんな感じでクールなパッケージになっています。



とよとみフレーバーバターとは?


とよとみフレーバーバターは、北海道天塩郡豊富町で放牧されている牛たちのミルクから作られるバター。豊富町の川島旅館さんの商品で、シンプルなソルトバターと、14種類のフレーバーがあります(フレーバーは季節限定や催事限定もあり)。

今回は、

  • 山わさび
  • 鮭ぶし
  • ブルーベリー
  • はちみつ
  • ソルト

の5種詰め合わせと、プレミアムシリーズのウニをお取り寄せしました。
はちみつは、開封した瞬間にふわっといい香り!


まずは味見から……。ブルーベリー、はちみつの甘い系は風味がはっきりしていて、パンによく合う!ウニも、ちゃんとウニ味です。
鮭ぶしと山わさびもガツンと来るかと思っていましたが、主張はやわらかめ。素材の味と香りが、バターの味と一緒に広がっていく感じです。

そして、ソルトバターの味わいのはかなさに驚きました。味が薄いという意味ではなく、ふわっと軽く上品で、くどさがないのです。


かわいいパンフレットも入っていました。ご飯と、野菜と、パスタと…、うん、間違いなくどれも合う!
パスタだと1人20~30gくらい必要そうなので、1回でかなり減ってしまいますね(1個60g)。トッピング的な使い方のほうが、少量で済むのでいろいろ試せそうです。

(広告の後にも続きます)

やっぱり、バターごはん!

この投稿をInstagramで見る

hitotemaお取り寄せ部(@hitotema_otoriyose)がシェアした投稿

さて、まず試したいのは、やっぱりウニバターごはん。
こちらは、ぜひInstagramの動画(2枚目)でご覧ください。ああ、いま見返していると、また食べたくなる…!


ごはんが余ったので、おにぎりも作りました。左は山わさび、右はウニ。焼きおにぎりにしても香ばしくて美味しかったです。