ゴキブリはどの住処にも現れてしまうイメージがありますが、それでも高層階のマンションには侵入できないだろうと考える方は多いです。
しかし、実際には高層階のマンションでもゴキブリは出現します。
なぜマンションでもゴキブリが現れてしまうのでしょうか?
今回はマンションにゴキブリが出現してしまう理由から、どこから侵入してくるのか、どうすればマンションでゴキブリ対策が行えるかをご紹介していきます。
マンションにゴキブリが入ってこないか心配な方はもちろん、すでに遭遇してしまい早急に対策を講じたい方もぜひ参考にしてみてください。

ゴキブリはどこから侵入してくるのか?

家

水や餌を探し回るゴキブリはいつの間にかたどり着いた住宅に潜み続けます。
まずは憎いゴキブリがどこから侵入してくるのか知っておきましょう。

ベランダ

ゴキブリは地上から這い上がってベランダへと浸入することができます。
ベランダの窓はよく開け閉めすることが多い場所です。
ベランダで洗濯物を干す方は特に出入りが多いことでしょう。
出入りが多くなると、きちんと閉めたつもりがうっかり空いていたということもよくあります。
ゴキブリは小さなすき間も見逃さない生物です。
空いた部分から侵入されて室内に入り込んできます。

玄関

ゴキブリは人間同様に玄関から入ることも多いです。
気が付かない人は多いですが、玄関の天井の方から這って侵入することもできてしまうのです。
特に郵便受けとドアが一体になっているマンションでは、そこから侵入させる可能性が非常に高くなっています。

排水溝

排水溝からも浸入できるのがゴキブリの厄介な点です。
どこのマンションでも絶対に排水溝は欠かせないものなので外すことはできませんし、ゴキブリは排水溝のような湿気の多い場所が大好きなのです。
キッチン、浴室、洗濯機周辺など、排水管が通っている部分にはゴキブリが現れる可能性が高いと覚えておきましょう。

エアコン

ゴキブリはエアコンから侵入することも可能です。
室内から伸びるエアコンのダクトホースを使い上ってきます。
たった数センチの場所も上手にくぐり抜ける能力があるので油断してはなりません。

(広告の後にも続きます)

マンションでもゴキブリが現れる原因とは?

マンション

出ないと言われるマンションでもゴキブリを見かける人は多いです。
高くも飛べないはずのゴキブリはどうしてマンションで見かけてしまうのでしょうか?
その理由は、ゴキブリは飛べるためです。
飛ぶと言っても高い位置から低い位置への移動であるため飛び回ることはありませんが、マンションの3階程度までなら飛べると言われています。
そのため1回で長く飛べなくても、再度飛んで上階に達することもできてしまうのです。
ただ基本的に侵入できる部屋を発見したらその場にとどまるので、あまり上の階で見ることはないでしょう。
1~5階だと年平均3.5回の発見が、6~10階になると1.2回までに落ちます。
そして11階以上になると0.7回といったように減少していくのです。