ショウガの辛味成分であるジンゲロールや、それを加熱したときにできるショウガオールには、血管を広げて血流を改善する作用と、高い鎮痛・抗炎症作用があります。そうした作用が、痛みやこわばりの改善と変形の進行を抑えることが期待できます。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)

解説者のプロフィール

石原新菜(いしはら・にいな)

イシハラクリニック副院長・医師。帝京大学医学部卒業後、大学病院での研修を経て、現在、自然医学の泰斗で医学博士の父、石原結實氏が院長を務めるイシハラクリニックで、漢方医学、自然療法、食事療法により、さまざまな病気の治療にあたっている。『女のキレイは30分で作れる』(マキノ出版)、『酢ショウガで体すっきり!ずっと健康!』(宝島社)など、ショウガや健康に関する著書、監修書多数。テレビやラジオなどのメディアへの登場も多い。
▼イシハラクリニック(公式サイト)

(広告の後にも続きます)

ショウガの辛味成分に鎮痛・抗炎症作用

指の関節が腫れてこわばり、ズキズキと痛むヘバーデン結節やブシャール結節、母指CM関節症などの指の変形性関節症。

特に40代以上の女性に多く発症し、潜在的な患者数は300万~500万人にも上ると推定されています。

指が痛んで曲げにくくなるため、包丁がしっかり握れない、雑巾が絞れない、洗濯ばさみが開けない、キーボードが打てないなど、日常動作に支障を来たす病気です。

炎症が続き、指の関節が変形しきって、やっと痛みが治まったと思ったら、他の指に違和感が出てくることもあります。

そのようなヘバーデン結節などの手指の痛みに悩んでいる方にぜひお勧めしたいのが、ショウガです。

ショウガは、漢方で最もよく使われている生薬(漢方薬の原材料)の一つで、さまざまな薬効があります。

ショウガの辛味成分であるジンゲロールや、それを加熱したときにできるショウガオールには、血管を広げて血流を改善する作用と、高い鎮痛・抗炎症作用があります。

そうした作用が、痛みやこわばりの改善と変形の進行を抑えることが期待できるからです。

60代の女性Aさんも、ヘバーデン結節に悩んでいた方です。Aさんは両手のほぼ全ての指の第一関節に熱や痛み、腫れ、変形などの症状が出ていました。

Aさんは以前、洋服のボタン付けやすそ上げの内職をされていて、手の指をかなり酷使していたそうです。症状の重かった左の親指は手術もしましたが、後には手術した関節もまた盛り上がって、変形してしまったとのこと。特に右の人さし指がうずくように痛むことが多く、車の運転などがつらかったそうです。

痛みがつらいときには、鎮痛薬を飲んでしのいでいたAさんが、ショウガ湯で痛みを和らげるようになったのは、40代半ばからです。

手の親指1本弱程度の大きさのショウガを皮ごとすりおろし、100ml程度の熱湯に入れて作ったショウガ湯を、朝食の前後と入浴前の1日2回飲んでいたら、鎮痛剤の量を、以前よりも3割程度減らすことができたのだそうです。

痛みが完全になくなったわけではないにしろ、朝飲めば、昼には痛みを忘れられるので、とても助かっていると喜んでいました。

朝飲むと、昼には痛みを忘れられる!