株式の相続税はいくら? 相続時の評価額や期限、手続きを解説

家族が亡くなり相続手続きを開始したら、実は株式を持っていたことが判明。株式はいくらで評価され、どれくらいの相続税がかかるのでしょうか?

突然訪れる株式の相続について、公認会計士・税理士監修の金融メディア「MoneyCourt」編集部が、わかりやすく解説します。

相続手続きの流れ

本題に入る前に、相続手続きのおおまかな流れについて確認しましょう。相続手続きは、次のような手順で行われます。

相続手続きの流れ

相続人を調査する

相続財産を調査、評価額を確認する

遺産分割協議を行う

相続手続き、相続税の納付

相続税の申告期限は、相続開始を知った日から10ヶ月以内です。実際に手続きを行っていると、あっという間に期限が到来する感覚がありますので、余裕を持って早めに進めることをおすすめします。

STEP1. 相続人を調査する

まずは亡くなった方(以下、被相続人)の戸籍謄本を確認し、財産を相続する方(以下、相続人)が誰なのかを特定します。

STEP2. 相続財産を調査、評価額を確認する

相続人を調査するのと同時並行で、被相続人がどのような財産を持っていたのかを調査。相続財産の評価額を特定していきます。ここで株式が見つかった場合には、株式の相続が必要になります。

STEP3. 遺産分割協議を行う

相続人を集め、相続財産をどのように分けるか協議を行い、「遺産分割協議書」を作成します。

遺言があればその内容に沿って分割されますが、最低限与えられるはずの「遺留分」を侵害されている場合、これを受け取れるよう申請することも可能です。

STEP4. 相続手続き、相続税の納付

遺産分割協議書の内容を元に、相続手続きを行います。そして相続税の申告・納税を行ったら基本的な手続きは終了です。

(広告の後にも続きます)

株式の評価方法は、株式の種類によって異なる

株式には、東京証券取引所などで公開されている「上場株式」と、一般的に公開されていない「非上場株式」があり、評価方法が異なります。

上場株式の評価方法:4つの終値のうち最も低い株価

広く取り扱われている上場株式は、次の4つのうち最も低い株価を選択します。

上場株式の評価方法

相続発生日(死亡日)の終値

相続発生日を含む月の終値の平均額

相続発生の前月の終値の平均額

相続発生の前々月の終値の平均額

こうして決めた株価に持株数をかけて、相続時の評価額にするのです。

例として、被相続人が上場株式Aを200株保有しており、次のような株価だったとき、最も価格の低い1,500円が採用されます。

上場株式Aの評価額

1,500円

1,600円

1,700円

1,550円

この上場株式Aの評価額は次の通りです。

上場株式Aの評価額

1,500円×200株=30万円

※参考:国税庁「No.4632 上場株式の評価」