近年のコンビニ食は、消費者の健康志向の高まりとともに、品揃えが変わりつつあります。選び方次第では、健康的な食生活のサポートにも役立つようになりました。ここでは、高齢者が陥りがちな食生活の問題点と、それを補う品物の選び方をご紹介します。【解説】平澤芳恵(東京労災病院治療就労両立支援センター管理栄養士)

解説者のプロフィール

平澤芳恵(ひらさわ・よしえ)

管理栄養士。東京労災病院治療就労両立支援センター予防医療部。ゲーム制作会社や鉄工業、空港勤務などのさまざまな職種の人に対し、健康診断の結果をもとに栄養指導を行う。夜勤のタクシー運転手への栄養指導の経験から、2016年に『深夜勤務者のための食生活ブック―健康をめざすコンビニ食の選び方―』を制作。2017年にWEB公開したところ、SNSで反響を呼んだ。4月16日に、著書『カラダにやさしいコンビニごはん100』(小学館)が発売予定。

(広告の後にも続きます)

選び方次第で健康的な食生活をサポートできる

高齢者が元気に過ごすには、体力や筋肉量の維持が重要です。そのためには、ある程度の量の食事を、1日3回しっかりとるべきだといわれています。

その上、野菜や肉、魚などのさまざまな種類の食材を食べて、栄養バランスが偏らないようにする必要があります。

しかし、実際には「食欲がない」「調理が面倒」「たくさんの食材を買っても食べ切れない」などの理由で、条件を満たせない人もいらっしゃるでしょう。

特に一人暮らしの人は、一人分の食事を作るのに、わざわざ魚を焼いたり、煮物を作ったりするのがストレスに感じるかもしれません。

そんな人は、コンビニで手軽に買えるご飯、「コンビニ食」を活用するとよいでしょう。

コンビニ食と聞くと、健康に悪いのではと思う人もいらっしゃるかと思います。確かに、少し前までのコンビニ食は揚げ物などが多く、栄養が偏りやすい傾向にありました。

ですが、近年のコンビニ食は、消費者の健康志向の高まりとともに、品揃えが変わりつつあります。選び方次第では、健康的な食生活のサポートにも役立つようになりました。