やせたり太ったりをくり返すうちに、生理不順や肌荒れ、便秘、気分の落ち込みなど体調も悪くなっていきました。きちんと食べて健康的にやせられるよう、食事を見直し、たどり着いたのが低糖質の食事でした。このとき活用したのがサバ缶です。【解説】高杉保美(管理栄養士・ヘルスビューティーアドバイザー)

解説者のプロフィール

高杉保美(たかすぎ・ほみ)

管理栄養士・ヘルスビューティーアドバイザー。1988年栃木県生まれ。2011年東京医療保健大学医療栄養学科卒業。2013年より、業界最大手のプライベートジムで2000人以上のカウンセリングや栄養指導を実施。「重力に負けないカラダ」づくりを、食事面から徹底的にサポートする。自身が15㎏やせた経験をもとにした、ストレスフリーな食事指導が好評。著書に『やセレクション~これを選んで食べたら、15㎏やせました~』(主婦の友社)がある。

(広告の後にも続きます)

乾燥肌や便秘、気分の落ち込みが改善

私は、「元デブ」を自認する管理栄養士です。10年前の私の写真を見ると、ほとんどの方が「別人みたい!」と驚かれるほど、太っていました。

しかし、その後15kgの減量に成功。今はその体験を生かし、多くの方の食事指導に携わっています。

では、そんな私のダイエット体験をお話ししましょう。

私が太り始めたのは、大学に入り、一人暮らしを始めてからです。コンビニや飲食店などで食べたいものを好きなだけ食べているうちに、どんどん太ってしまい、気づいたら体重は58kg(身長155cm)。いつの間にか13kgも増えていたのです。

ショックだったのは、今までの服が全部入らなくなってしまったことでした。着られるのはダボッとした服ばかりで、おしゃれも楽しめません。

いろいろなダイエットを始めたものの、食事を減らすなどで一気に体重を落とすと、必ずリバウンドしてしまいます。そうして、やせたり太ったりをくり返すうちに、生理不順や肌荒れ、便秘、気分の落ち込みなど体調も悪くなっていきました。

これではいけないと思った私は、きちんと食べて健康的にやせられるよう、食事を見直すことに。そうしてたどり着いたのが、必要な栄養をしっかりとれる、低糖質の食事でした。

このとき、たんぱく質をとるために私が活用したのが、サバ缶です。

本来、ダイエットには肉より魚を食べた方がいいのですが、魚の料理は面倒。しかし、サバ缶ならそのままでもおいしい上、調理も簡単です。味もアレンジしやすく、買いだめもできるので、面倒くさがり屋の私にはとても便利な食材でした。

中でも、私がよく作ったのが「サバサンド」です。作り方は簡単で、サバと酢漬けのキャベツを低糖質のパンに挟むだけ。一時期ハマって食べていた、魚屋さんのサバサンドがヒントになりました。

こうして、毎日のようにサバサンドを食べているうちに、体重は徐々に低下。半年後には15kg減り、43kgになったのです。

体はふた回りくらい細くなり、笑いにくいほど太っていた顔の脂肪も取れました。

さらに、乾燥肌だった肌はツルツルになり、長年の悩みだった便秘も解消。心も元気になって、やる気が出てきました。

15kgやせた高杉先生。顔周りもスッキリ!