「運動やがむしゃらな努力は嫌い」だというクイズ王・古川洋平さんが行ったダイエットは、ちまたにあふれるダイエット法のポイントだけを押さえた「さすが頭脳派!」と感嘆するものでした。我慢や根性ではなくスマートにスマートになれる「クイズ王式ダイエット」をご紹介します!【体験談】古川洋平(クイズ作家・クイズ法人カプリティオ代表)

プロフィール

古川洋平(ふるかわ・ようへい)

クイズ作家。クイズ法人カプリティオ代表。1983年宮城県出身。人気クイズ番組『パネルクイズ アタック25』『タイムショック』高校生大会優勝(2冠)、学生による早押しクイズNo.1決定戦「abc」3連覇など多数のクイズ大会で活躍。クイズ作家として、クイズ番組やイベント等への問題制作・提供を行う他、「クイズモンスター」「クイズ王」としての出演も多い。著書に『ひらめき脳を鍛える ナゾトキ水平思考クイズ』(幻冬舎)、『ナゾ解きゲームブック ドラ・ナゾ』(小学館)などがある。
▼古川洋平(クイズ制作/カプリティオ)(Twitter)
▼「カプリティオチャンネル」(Youtube)

(広告の後にも続きます)

濃厚こってりの山盛りラーメンが朝食の定番

2020年3月から2021年1月までの約10ヵ月のダイエットで、48kgの減量に成功しました。

身長175cmで体重は112kg㎏から64kgに。体脂肪率は34%から11%に落ち、その変貌ぶりに周囲から驚かれています。

そもそも、私は幼稚園の頃からずっと、クラスで一番太っていました。小学校高学年から中学まではバスケットをやっていたので、その間だけは普通体形だったものの、高校でクイズ研究会に入り、クイズに没頭。クイズ番組の高校生大会で2冠を達成するなど、クイズでは有名になる一方で、運動をしなくなったことで、また徐々に太り始めていました。

高校から大学時代は80~90kg程度でしたが、社会人となり、激務のストレスを、食べることで晴らすかのように暴食したことで、一気に100kgを超えてしまいました。

その後退職し、クイズ作家に転身すると、今度は多忙さから外食ばかりになり、食生活の乱れからさらに10kg増。ここ10年ほどは、110kg前後の人生を送ってきたのです。

当時の食生活は、11時頃に朝昼兼用の食事を取るのが常で、定番はラーメン。脂で膜をはったような濃厚豚骨しょうゆスープで、太麺400gにチャーシューと野菜が山盛りになった二郎系が大好きで、週に3~4回は通っていました。

そして夕食は、たいてい遅い時間に焼肉やしゃぶしゃぶ、お寿司などの食べ放題の店に行き、お酒もよく飲んでいました。

もちろん、これだけ太っていれば、健康診断では毎回ガッツリ引っ掛かっていました。

中性脂肪値、肝機能値、血糖値などがいずれも基準値より高くて、何種類もの薬を処方され、医師からは毎回「食事のバランスを考えて、運動もしましょう」と指導されていました。

ですが、病気の自覚症状はないし、本気でダイエットをしようという気には、なかなかならなかったのです。