肺の機能を整えておけば、セキなどの症状を抑えるうえに、ウイルスの感染や肺炎を防ぐ可能性も高まります。私が勧めているのが、肺機能を強化するツボ、「尺沢」と「足の三里」の刺激です。【解説】内田輝和(倉敷芸術科学大学生命科学部客員教授/鍼メディカルうちだ院長)

解説者のプロフィール

内田輝和(うちだ・てるかず)

1949年、岡山県生まれ。70年、関西鍼灸柔整専門学校卒業。74年、鍼メディカルうちだを開業。現在、倉敷芸術科学大学生命科学部健康科学科鍼灸専攻客員教授、日本良導絡自律神経学会執行部理事、岡山県鍼灸師会会長。岡山県武術太極拳連盟会長。著書に『大学教授が教える「本当に効くツボ」』(マキノ出版)など。
▼鍼メディカルうちだ(公式サイト)

(広告の後にも続きます)

肺炎を起こさなくなり肺がきれいになった

新型コロナウイルスによる感染の終息がなかなか見えてきません。このウイルスが怖いのは、感染して重症化すると肺炎などを起こし、死に至るケースがあることです。のどや肺が衰えている人は重症化しやすいので、特に注意が必要です。

そういう人に私が勧めているのが、肺機能を強化する特効ツボ(詳細は後述)の刺激です。肺の機能を整えておけば、セキなどの症状を抑えるうえに、ウイルスの感染や肺炎を防ぐ可能性も高まります。

まず、二つの症例を紹介しましょう。
Aさん(50代・男性)は数年前に気管支拡張症を患い、来院当初は仕事を続けられない状態でした。気管支拡張症とは、肺の気管支が拡張したまま戻らない状態になり、セキやタンが慢性的に続く病気です。

Aさんも少し歩くと息苦しくなり、セキが止まらなくなっていました。病院で治療を受けましたが、あまり改善が見られず、何度も肺炎をくり返したそうです。

そこで、肺の機能を強化する二つの特効ツボにお灸をしたところ、3ヵ月で息苦しさがなくなり、セキも減りました。1年後には仕事に復帰でき、肺炎も起こさなくなりました。

AさんからレントゲンやCT(コンピュータ断層撮影)検査の画像を見せてもらうと、肺はきれいになっていました。肺機能も回復しており、この結果に医師も驚いていたそうです。

Bさん(70代・女性)は腰痛治療で来院されていましたが、セキの症状がひどいので尋ねてみると、中隔欠損症という心臓の持病があるとのことでした。

これは心臓の左右の部屋(心房や心室)を区切る壁に穴が開く、先天性の病気です。動悸や息切れのほか、カゼをひくとぜんそくのような激しいセキが出るそうです。

Bさんにも、二つの特効ツボにお灸をしたところ、2週間でセキの症状が和らぎました。さらに、肺機能を高める呼吸法(後述)を教えたところ、症状はほぼ治まり、2年経った現在もいい状態を維持できています。

このほか、セキぜんそくの患者さんにも、この特効ツボへのお灸を行っていますが、症状の改善は顕著です。肺機能の強化に手ごたえを感じています。