肌を美しく健康に保つための基礎化粧品。毎日使うものだからこそ、自分に合ったアイテムを選んで効果を高めたいですよね♡
ここでは、基礎化粧品の定義や種類を踏まえ、それぞれの役割について解説します。さらに使用順番や選び方のポイントまで紹介♪

基礎化粧品について理解して、自分に合ったアイテムを選びましょう☆

基礎化粧品とは?

基礎化粧品とは、肌を清潔にし健やかに保つ、整えるものです。

たとえば洗顔料・化粧水・美容液・乳液・クリームといったスキンケアアイテムが基礎化粧品といわれます。多様な商品が展開されており、肌質や年齢、季節などによって自分の悩みに適したものを選びます。

基礎化粧品はメイクの土台となる肌を整える、まさに“基礎”となるものだといえますね♪

基礎化粧品に含まれるもの

「基礎化粧品ってどこからどこまで?」と疑問に思っている人も多いかもしれません。基礎化粧品に該当するものは、以下のようなアイテムになります。

・クレンジング剤
・洗顔料
・化粧水
・美容液
・乳液
・クリーム
・パック
・シートマスク

基礎化粧品に含まれないもの

一方、肌の上にのせて美しく見せる効果がある化粧品は「メイクアップ化粧品」といわれ基礎化粧品には含まれません。

メイクアップ化粧品は、以下のようなアイテムがあります。

・下地
・ファンデーション
・コンシーラー
・アイシャドウ
・アイライナー
・アイブロウ
・マスカラ
・チーク
・口紅

(広告の後にも続きます)

基礎化粧品の役割とは

基礎化粧品の大きな役割は、土台となる肌を健康に保つこと☆

肌の悩みはさまざまで、乾燥肌・オイリー肌などの元々の肌質だけではなく、若い人だと「ニキビや吹き出物ができやすい」、年を重ねると「しわやシミが気になる」といったものもあります。さらに、夏はベタついたり冬は乾燥したりと季節による肌トラブルも…。

このような肌悩みは、自分に合った基礎化粧品を使うことで、しっかりとケアできます。

それでは基礎化粧品の具体的な役割とアイテムについて紹介していきましょう♪

①汚れを落とす

基礎化粧品の役割の一つ目は汚れを落とすこと。クレンジング剤と洗顔料が主要なアイテムとなります。

クレンジング剤は、ファンデーションやマスカラなど油性の汚れを落とすことができ、毛穴に詰まったメイク汚れもスルンと落としやすくします。

洗顔料は、皮脂や古い角質などの汚れを落とします。固形石鹸・フォームタイプ・泡タイプ・ジェルタイプなどさまざまな洗顔料が販売されています。

②潤いを与える

基礎化粧品の役割の二つ目は潤いを与えることで、主に化粧水がその役割を果たします。
クレンジングや洗顔によって肌の汚れを落とすと、必要な水分や油分まで落ちてしまうことがあり、それが乾燥の原因に…。そこで、洗顔の後に保湿効果のある基礎化粧品を使います。

「化粧水をさらに浸透させたい」という場合は、化粧水の前に導入化粧水・導入美容液などを使うとより効果的です☆

③保湿する

基礎化粧品の役割の三つ目は、肌に与えた水分を逃がさず保湿することです。化粧水で肌に潤いを与えたら、水分が蒸発して逃げないよう乳液やクリームでフタをしましょう。

乾燥がひどい人は、粘度が高めのジェルタイプを使うと良いでしょう。