眼圧によって視神経に力が加わり視野に欠けが生じる緑内障、水晶体が加齢で濁ってくる白内障、網膜の視細胞が障害を受けて、視野の中心部がゆがんだり、薄暗く見えたりする黄斑変性などが増加傾向にあります。目を守るためには、病気の早期発見・早期治療が重要です。【解説】鴨居功樹(東京医科歯科大学眼科講師・外来医長)

解説者のプロフィール

鴨居功樹(かもい・こうじゅ)

東京医科歯科大学眼科講師・外来医長。日本眼科学会眼科指導医・専門医。東京都眼科医会常任理事。1999年、東京医科歯科大学医学部卒業。2005年、同大学院医歯学総合研究科修了。07年より、東京医科歯科大学附属病院にて勤務。英国アバディーン大学の留学なども経つつ、現在は眼科学の講師、東京大学医科学研究所で非常勤講師を務める。
▼専門分野と研究論文(CiNii)

(広告の後にも続きます)

緑内障や黄斑変性が近年増加している

加齢とともに、体にさまざまな不調が起こりやすくなります。それは、多くの情報を取り込むたいせつな器官である目も、決して例外ではありません。近年では、緑内障や黄斑変性などの目の病気が特に増加傾向にあります。

たいせつな目を守るためには、病気の早期発見・早期治療が重要です。ここでは緑内障・白内障・黄斑変性について、症状と治療法をまとめました。

なお、下の各症状のチェックリストを参照して、当てはまる症状があったら、すぐに専門の医療機関を受診してください。

ピントの合いづらさを感じる
目がかすむ
以前よりまぶしく感じる
レンズの度数を変えても見えづらい
物がゆがんで見える
字の一部が欠けて見える
字が大きく/小さく見える
ぼやけて見える部分がある
視野が狭くなった
目の症状チェックリスト

チェックに該当したものがある人は……
①~④水晶体に問題がある疑い(白内障、老眼など)
⑤~⑦網膜や黄斑部に障害の疑い(黄斑変性、糖尿病網膜症など)
⑧~⑨視神経に問題がある疑い(緑内障など)