更年期症状の種類は数百とも!病気との見分け方は?【医師監修】

更年期になると肩凝りや疲れ、めまい、イライラやのぼせなど心身ともにいろいろなところが調子が悪い……という人も。老化といえばそれまでですが、原因は老化だけでなく、女性ホルモンが大きく関係しているそうです。更年期における女性ホルモンの変化と影響について、産婦人科医の駒形依子先生に聞きました。

女性の体を守り続ける女性ホルモン


駒形先生によれば、女性ホルモンは妊娠・出産・育児と体への負担が大きい仕事から女性の体を守るホルモンだと言います。

「女性ホルモンに守られているのは、子宮や卵巣、乳房など妊娠・出産に関わる臓器だけではなく、脳や心臓、血管、骨、皮膚など、あらゆる臓器が女性ホルモンに守られています。女性ホルモンが十分に分泌されている間は、男性よりも心臓発作や脳卒中を起こす危険が少ないのはこのためです。

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの種類があります。

このエストロゲンとプロゲステロンが生涯ずっと順調に分泌されれば、更年期症状が起こる心配もないのですが、だいたい40歳前後になると、この2つの女性ホルモンの分泌が徐々に減少します。まずプロゲステロンの分泌が悪くなり、次にエストロゲンが減少します。更年期の症状には、エストロゲンの減少が深く影響しています」(駒形先生)。

(広告の後にも続きます)

エストロゲンが減ることで起こる症状は数百!


エストロゲンが減るというと、まず髪や肌など美容面への影響を心配する人も多いでしょう。しかし、その影響は美容面だけでなく全身に及ぶと駒形先生は言います。

「エストロゲンは生殖機能以外にも脳・中枢神経機能、循環器(心臓血管系)、脂質代謝(コレステロールや中性脂肪)、乳房、皮膚、骨代謝など女性の体のさまざまな機能を調整する作用を持っています。 エストロゲンが欠乏するとこれらの作用がなくなり機能に変調が起こるため、さまざまな症状・障害や病気が発症することがあります。

更年期に現れる症状は非常に多様で、数百種類以上あるとも言われます」(駒形先生)。

【エストロゲンが欠乏することで起こる主な症状】

★物忘れ
★うつ
★薄毛、抜け毛
★皮膚の委縮、色素沈着
★心・血管疾患のリスク増加
★コレステロール・中性脂肪の増加
★乳房の委縮
★骨量の減少
★性器の委縮
★排尿障害(尿漏れ、頻尿)
★筋力低下による肩凝り、腰痛など整形外科症状
★血管の収縮や拡張をコントロールする自律神経の乱れによる不調(ホットフラッシュなど多数)