「合谷」は、さまざまな体の痛みや不調に効果があるため、万能ツボと呼ばれていますが、この合谷への指圧は血圧を下げる効果もあります。上半身の筋肉をゆるめて血管への圧迫を取り去り、さらに血管のしなやかさを維持するNO(一酸化窒素)の発生も促すと考えられます。【解説】渡辺尚彦(日本歯科大学病院内科臨床教授)

解説者のプロフィール

渡辺尚彦(わたなべ・よしひこ)

医学博士。高血圧専門医。聖光ヶ丘病院顧問、前東京女子医科大学東医療センター内科教授、前愛知医科大学客員教授、早稲田大学客員教授、日本歯科大学病院内科臨床教授。専門は高血圧を中心とした循環器病。1987年8月から、連続携帯型血圧計を装着し、以来、365日24時間血圧を測定。現在も引き続き連続装着記録更新中。高血圧改善の研究をライフワークとする「ミスター血圧」。『ズボラでもみるみる下がる測るだけ血圧手帳 最新ガイドライン対応版』(アスコム)など、著書多数。

(広告の後にも続きます)

上半身を中心に血流が改善

合谷(ごうこく)」は、手の甲側で、親指と人さし指の付け根の骨が交わる箇所にあるツボです。さまざまな体の痛みや不調に効果があるため、「万能ツボ」と呼ばれています。

この合谷への指圧は、血圧を下げる効果もあります。私は1日3回、1回10分間の合谷への指圧で、上の血圧が平均で4.3mmHg下がるのを、実験で確認しています。これは、1日の塩分の摂取量を4g減らしたのと同じくらいの降圧効果です。

合谷に着目したのは、30年以上前のことです。私自身の歯痛がきっかけでした。

ある日、合谷への指圧で歯の痛みが和らいだ私は、痛みや不調に悩む患者さんに、合谷への指圧を勧めました。その結果、歯痛以外にも頭痛や肩こり、顎関節痛、聴力低下、鼻づまり、めまい、うつなどにも効くことがわかったのです。

さらに、降圧効果も確認できました。これはよく効いた例ですが、合谷への指圧を習慣にした結果、短期間で上の血圧が170mmHgから120mmHgまで下がった患者さんもいます。

合谷への指圧で血圧が下がるのは、上半身を中心に、血液の流れがよくなるためだと考えられます。

血圧とは、血管(動脈)内にかかる圧力のことです。血管が圧迫されたり収縮したりすると血圧は上がります。

合谷への指圧は、上半身の筋肉をゆるめることで、血管への圧迫を取り去り、血流をよくするのでしょう。実際に患者さんの体温を測定したところ、合谷への指圧で、体温が約1℃上昇するのも確認しました。

さらに、合谷への指圧は、NO(一酸化窒素)の発生も促すと考えられます。

NOは、血管の内側の壁(内皮細胞)が刺激を受けたときに発生する物質です。血管のしなやかさを維持したり、血栓(血液の塊)ができるのを防いだりする作用で知られています。

血管がしなやかで血流もよくなれば、血管内にかかる圧力は減り、血圧は下がります。

合谷への指圧は、血管を圧迫するため、指圧の最中は血流が滞ります。そして指圧を終えて血管への圧迫が消えると、血液は勢いよく流れます。その勢いが血管の内壁を刺激することで、NOの発生が促されると考えられるのです。

実際に、合谷を指圧する患者さんの血圧を測ると、指圧の最中は若干、血圧が上がります。そして指圧直後からじわじわと血圧は下がり、約15分後に最も低くなるのです。