食楽web

 “手土産上手”な人っていますよね。外飲みができない今、家飲みする機会が増え、知人が持ってきてくれる手土産を見て、「この人、本当に気の利いた手土産をくれるな」と思うことがあります。どちらかといえば、筆者は手土産を選ぶのがヘタなので、とても参考になるんです。

 先日、我が家に遊びにきた友人の手土産を見て、私もマネしようと思ったのが、『久世福商店』の商品でした。もらった相手に負担にならない気軽さがあって、しかも大容量。その日だけでなく長く楽しめるうえ、ビジュアル的にもシンプルで美しいので、部屋にポンと置いておいても違和感がないのも◎。

 それが「久世福のなかなか減らないやみつき」シリーズの「ミックス7」、「あられ&野菜スティック」、そして「塩バナナチップス」でした。


左から「ミックス7」、「あられ&野菜スティック」、「塩バナナチップス」

 3つともお酒のつまみにもいいし、おやつにもなる。さらに友人曰く、「このシリーズは、詰め替え商品もあるので、減ったらおかわりも追加できるよ」とのこと。シャンプー&リンスのごとくボトルに追加できるなんて、なかなか面白いですよね。

 食べてみると、“やみつき”と銘打たれているだけあって、手が止まらなくなります。ポリポリ、カリカリと食べ続けるうちに、気づけば数日で半分以上減ってしまい、早速おかわりすべく『久世福商店』に向かったほど。というわけで、今回はこの商品の魅力と味わいをご紹介しましょう。

常備したくなる優秀な“やみつき”度合い


「久世福のなかなか減らないやみつき あられ&野菜スティック」(1166円)

 まずは「あられ&野菜スティック」は、揚げたさつまいもやいんげん、にんじん、むらさきいも、タロイモ、じゃがいもなどの野菜スティックが250gも入っており、大容量です。

 サクッとした食感で、ほんのり塩味。野菜それぞれの甘みや苦味もきちんと感じられます。自分で食べるもよし、来客時にお酒のおつまみとして小皿に出すと、ポテチやポップコーンと違って、ちょっと贅沢な感じも出してくれます。


「ミックス7」(1166円)

 続いては、「ミックス7」。柿の種、ピーナツ揚げ、揚げせんべい、丸焼きしょうゆ、しょうゆ豆、野菜かりんとう7種類が270gと、これまたボリューム満点です。

 味わいもしょっぱさと甘味のバランスが絶妙で、さらにすべての食感も違います。つまむときに一瞬迷うんですが、それもまた楽しいんですよね。筆者がとくに好きなのはピーナツ揚げ。ソフトな食感で、上品な塩味。これも、適度にお皿に開けて出すだけで、良いおつまみになるし、ボトルを抱えてネトフリのドラマや映画を見るときの“カウチあられ”として大活躍しています。


「塩バナナチップス」(200g)626円。波型にカットしてあり、ちょっと高級感もある

 そして最後にご紹介するのは「塩バナナチップス」です。

 バナナチップスは、これまでにもいろいろな商品を食べてきましたが、正直言って、これが1番美味しいと思います。

 ココナッツオイルで揚げてあるのでクドさゼロ。そして食感が固すぎず、ソフトな感じも残してあるのがイイ。ほんのりした塩味とバナナ自体の甘さが本当にやみつきになります。

 筆者は最近、気取らない家飲みなどの際には、この3アイテムを手土産に持って行くようになりましたが、かなり評判がいいです。ぜひ一度食べてみてください。自分でも常備しておきたくなる美味しさですよ。

(撮影・文◎土原亜子)