「陰」の食材は体を冷やす作用が、「陽」の食材には体を温める作用があります。毒出し野菜スープは、この陰陽の理論に基づいたレシピです。具材はだいたい同じ大きさに切り、鍋に入れていきますが、順番には決まりがあります。この順番を無視すると、ただの野菜スープになってしまいます。【解説】人見惠子(体質改善料理指導家)

解説者のプロフィール

人見惠子(ひとみ・けいこ)

体質改善料理指導家。料理教室「ミレット・スタイル」主宰。「うんち浮力ダイエットメソッド」考案者。「お肌は内臓の鏡! 身体の中から美しく!」を最大のテーマとし、内臓を整えることでお肌のキメを整え、体内にたまった老廃物を排出することで、ダイエットや体調の改善だけでなく、最終的には病気になりにくい体質にすることを目的としたセミナーや料理教室などを開催している。
▼ミレット・スタイル(公式サイト)

(広告の後にも続きます)

9種類の具材を、水で10分間煮るだけ

私は、10年以上前に1冊の本に出合って食の大切さを知り、それ以来、食が体にもたらす影響を勉強してきました。そして、野菜を使った独自のレシピを開発し、料理教室で生徒さんにも指導してきました。

そのベースとなるのが、「毒出し野菜スープ」です。私の料理教室の生徒さんは、ほぼ全員、毒出し野菜スープを食べています。そして、さまざまな効果を実感されています。

例えば、がんこな便秘が改善した、10㎏以上のダイエットに成功した、肌がきれいになった、アトピーやアレルギーが改善した……。入退院をくり返していた人が、病院とは無縁になったという話も聞きました。

それ以外にも、カゼをひかなくなった、疲れにくくなった、体力がついた、気持ちが明るくなったなど、その効果は心身に及んでいます。

私自身、毒出し野菜スープを飲むようになって、肌のトラブルがなくなり、とても調子がよくなりました。

それまでは、季節の変わり目になると、肌が乾燥してガサガサになり、高価な化粧品を使ったり、エステや鍼灸院に通ったりしていました。それでも肌の状態は改善しませんでしたが、今は、肌にお金をかける必要が一切なくなりました。

毒出し野菜スープは、9種類の具材を、水で10分間煮るだけと、簡単に作れます。調味料も肉も魚介類も入れません。それでも、野菜のうま味がしみ出たおいしいスープになります。

生徒さんたちの声を聞いていると、毒出し野菜スープを食べるようになって、便秘やダイエットなどの効果が加速しています。考案した私自身、その効果に驚くほどです。

使う野菜は、手に入りやすく、一番効果が得られる組み合わせを考えました。それをスープにすることで、たくさんの野菜を一度にとることができますし、吸収もよくなります。また、スープに溶け出した成分も溶けにくい成分も全部、体にとり込めます。