納豆には、血圧や血糖値を下げる効果があるとわかっています。ワサビ納豆なら、そこにワサビの抗酸化作用が加わり、健康効果が手軽にパワーアップします。私はワサビ納豆に、抗酸化力の高い、すりゴマを加えて愛食しています。【解説】大澤俊彦(愛知学院大学・人間総合科学大学特任教授・農学博士)

解説者のプロフィール

大澤俊彦(おおさわ・としひこ)

愛知学院大学・人間総合科学大学特任教授・農学博士。1969年、東京大学農学部農芸化学科卒業。74年、同博士課程修了。農学博士。名古屋大学生命農学研究科教授を経て、2010年、同大名誉教授。その後、愛知学院大学心身科学部教授、学部長を経て現在に至る。専門は、食品化学、応用生物化学、生物生産化学・生物有機化学。1990年代、アメリカの「デザイナーフーズ計画」に参加。機能性食品研究、特に抗酸化食品研究の第一人者。
▼専門分野と研究論文(CiNii)

(広告の後にも続きます)

脂質の燃焼を促しエネルギー産生を高める

私は長年、食品が体にどんな影響をもたらすか、科学的に実証する研究を行ってきました。特にスパイスは、私の主要テーマの一つです。

スパイスとは、いわゆる香辛料のことで、料理に香りと刺激をもたらします。コショウや唐辛子、クミンなどのほか、ショウガやニンニク、ワサビ、シソなどもスパイスの一種です。

スパイスは油の酸化を防ぐとされ、昔から食品の保存のために活用されてきました。しかし、むろんスパイスの働きはそれだけではありません。スパイスが体の中に入ったとき、どのように働くのか。その生理調節機能は、次の五つにまとめることができます。

(1)抗酸化作用

スパイスの多くは、高い抗酸化力を持っています。

体内に侵入してきた病原菌などを撃退するために働く活性酸素は、増え過ぎると、私たちの体自体を攻撃してしまいます。通常は、活性酸素が暴れないように、体内の抗酸化酵素がコントロールしているのですが、加齢などにより、この酵素の働きが落ちると、活性酸素の害(酸化ストレス)が大きくなるのです。

そして、活性酸素がもたらす酸化ストレスが、動脈硬化、糖尿病の合併症、認知症(特に日本人患者の半数以上を占めるアルツハイマー型認知症)、パーキンソン病、白内障など、非常に多くの病気と密接に関連するとわかっています。

逆にいえば、酸化ストレスをなくすことで、それらの病気の予防・改善が可能となります。

例えば、ターメリックに含まれるクルクミン、ショウガの辛み成分であるショウガオール、クローブの香り成分であるオイゲノールなどは、その抗酸化力で活性酸素を抑え、酸化ストレスを減らします。それにより、健康な体を維持するのです。

(2)がん予防効果

酸化ストレスは、がんの原因でもあります。スパイスの抗酸化力が働くことで、がんの予防効果も期待できます。

ターメリックのクルクミンの働きが有名ですが、ニンニクの主成分であるイオウ化合物や、ワサビの辛み成分であるイソチオシアネートなども、優れた抗がん作用で知られます。

(3)代謝促進

スパイスには、脂質・エネルギー代謝の促進作用があります。つまり、脂質の燃焼を促し、エネルギーの産生を高めるので、ダイエットにも役立ちます。

代謝を促す代表的な食材としては、唐辛子の辛み成分であるカプサイシン、ショウガの香り成分であるジンゲロン、コショウの辛み成分であるピペリンなどが挙げられます。

(4)抗血栓作用

これは、血管内に血栓(血の塊)ができるのを防ぐことで、血液をサラサラにする働きです。この作用が、高血圧や動脈硬化、脳梗塞などの予防に役立つのです。ワサビ、ニンニクなどに、血液をサラサラにする働きがあることがわかっています。

(5)免疫・生体防御作用

ショウガ、ニンニク、シソといったスパイスには共通してそれぞれ、免疫力を高める効能があります。