食楽web

 コロナ禍で外出・外食がしにくくなった今、それまで料理をしたことがない人でも必然的に自炊する機会が増えました。そういった際に重宝するのがチルド食品の数々。中でも、ご飯モノは食べ切れる量だけを温めるなど調理し、残ったものはそのまままた冷凍庫に保管しておけるという点で、実に便利なものです。

 そのチルド食品のご飯モノの中でも各社ともにリリースしているのがエビピラフです。筆者も個人的には、初めてエビピラフというものを食べたのが小学生のときで、これまたズバリ、チルド食品のそれでした。

 苦手な人はおそらくそういないであろうこのエビピラフ、今回は6社からリリースされているものを全部食べて比較。各商品の個性を見ていきたいと思います!

『イオン(TOPVALU)』のエビピラフは圧倒的なコストパフォーマンスが売り!


『イオン(TOPVALU)』の「えびと4種の野菜入りえびピラフ」(税込・165円)

 まずは『イオン(TOPVALU)』の「えびと4種の野菜入りえびピラフ」(税込・165円)からいただきます。内容量450gにして、税込165円という圧倒的なコストパフォーマンスの良さに、かえって不安がないわけでもなかった筆者ですが、実際に温めました。


エビの量が少ない一方、ご飯にはエビの風味がしっかりと染みこんでいます

 いただいてみると、薄味でありながらチキンブイヨンとエビの風味がしっかり染みこんだ味。かと言ってクセのある味ではなく、どこまでも優しい風合いです。エビの量は小ぶりのものが6個ほどと少ないのが寂しくも思いましたが、450gのお米だけをとってもこの価格で買えることがすごいわけで、この価格とこの味ならおおいに納得です。

(広告の後にも続きます)

『ファミリーマート』のエビピラフはエビの食感とライスのバランスが絶妙!


『ファミリーマート』の「海老の旨み!!えびピラフ」(税込・150円)

 続いては『ファミリーマート』のプライベート・ブランド「お母さん食堂」からリリースされている「海老の旨み!!えびピラフ」(税込・150円)。170gと『イオン(TOPVALU)』のエビピラフの半分以下の量ですが、その分、具材はかなり充実しているのではないかと期待が膨らみます。


米・具材のバランスに優れたエビピラフでした

 温めた後、お皿に盛ってみるとにんじん、コーン、グリンピース、そして肝心のエビがパラパラのご飯に溶け込んでおり、具の充実度は抜群。さらにいただいてみると、ピラフ全体にブイヨンとエビの風合いが感じられ実に豊かな風合い。さらに冷凍なのにエビはプリップリの食感で、「これぞまさしくエビピラフ!」と言いたくなる味です。