つくづく思ったことがあります。それは、病気を治すのにたいせつなのは、よい先生との巡り会いだということです。患者自身も、ただ受け身でいるだけでなく、適切な治療が受けられるように、自分から進んで情報収集をすべきだと考えています。【体験談】三枝成彰(作曲家)【解説】福井康之(牧田総合病院脊椎脊髄センター長・慶應義塾大学医学部特任教授)

プロフィール

三枝成彰(さえぐさ・しげあき)

1942年生まれ。東京音楽大学名誉教授。代表作にオラトリオ「ヤマトタケル」オペラ「忠臣蔵」「Jr.バタフライ」など。2007年、紫綬褒章受章。08年、日本人初のプッチーニ国際賞受賞。11年、渡辺晋賞を受賞。13年、オペラ「KAMIKAZE –神風–」を初演。14年、オペラ「Jr.バタフライ」イタリア語版をイタリアのプッチーニ音楽祭で初演(16年日本初演)。17年、新作オペラ「狂おしき真夏の一日」を世界初演。同年、旭日小綬章受章。20年11月、文化功労者顕彰を受けた。
▼作曲家・三枝成彰公式ウェブサイト(公式サイト)

(広告の後にも続きます)

交差点からオフィスまでの300mが歩けない!

私が作曲家の仕事に就いて、60年近くが経ちます。作曲は体力勝負のようなところもあって、オペラを一つ書き上げるのに約4年はかかります。根気よく続けないとできません。

座っている時間が長く、また運動はあまり好まないので、積極的に体を動かすということはほとんどありません。ちょっと遠いと思ったら、タクシーを利用します。

このような生活ですので、腰に負担をかけた記憶はありませんでした。しかし2009年ごろに突然、脊柱管狭窄症を発症したのです。

六本木の交差点から私のオフィスまでは300mほどなのですが、その距離が痛くて歩けません。歩き始めると、すぐに腰に痛みが走り、わずかな距離を何度も立ち止まらなければなりません。そんなことが頻繁に起こるようになりました。

このような状況に陥りやすいのは、満腹になっているときでした。体が重いと、腰により負担がかかるのかもしれません。

銀座で食事をして店を出たとたん、腰が痛くなって歩けなくなり、妻に車で迎えに来てもらったということもあります。このように、満腹になるまで食べたときは、必ずといっていいほど腰が痛くなりました。

ただ、このころはまだ脊柱管狭窄症とはわからず、ただの腰痛だと思っていました。

脊柱管狭窄症だとわかったのは、2012年のことです。妻に付き添って行った病院で、脊椎と脊髄の専門医である福井康之先生に「私、腰が痛いんですよ」と何気なく話したことがきっかけでした。

福井先生といえば、いろいろな著名人の腰の手術をしたことでも有名です。偶然とはいえ、そのような先生に出会えたことは、非常に幸運でした。

そして、MRI(核磁気共鳴画像法)検査を受けたのですが、MRIの結果を見たとたん、先生の表情は一変しました。「これはダメだ。すぐに手術をしよう」となったのです。このとき初めて、腰痛の原因が脊柱管狭窄症だと知りました。

脊柱管狭窄症で手術をすることを話すと、ほとんどの人が手術に反対しました。「手術は受けないほうがいい」「車イス生活になるよ」というのです。

しかし、福井先生の手術を受けた多くの人が、復帰して元気に仕事をこなしているのを知っていたので、私自身、手術の不安はありませんでした。