東洋医学で用いられてきた、顔つきや顔色、顔のむくみ、バランスなどから内臓の状態を把握する「顔診法」。糖尿病の顔診法のポイントは2つ、「眉間が膨らんでいる」「眉間の右寄りにシワができている」です。当てはまる場合のセルフケアを2つ紹介しましょう。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)

解説者のプロフィール

三浦直樹(みうら・なおき)

みうらクリニック院長。肉親のがんをきっかけに、西洋医学の限界と矛盾を強く認識。以来、約20年間、治療法の選択肢を広げるべく、自然療法の研究・実践を開始。病気にならない生活習慣のアドバイスを行う一方で、「難病と言われても諦めない」をモットーに、他の病院では行っていない治療法なども効果や安全性を考えながらとり入れている。著書『週1断食で万病が治る』『薬だけに頼らず病気を治す家庭療法の教科書』(ともにマキノ出版)が好評発売中。
▼みうらクリニック(公式サイト)

(広告の後にも続きます)

顔には内臓の状態が表れる

糖尿病は、膵臓から出るインスリンというホルモンの分泌が不足したり、効きが悪くなったりすることで、血中のブドウ糖が消費されず、慢性的に血糖値が高くなる病気です。

血糖値の高い状態が続くと、血管が傷ついたり、血液がドロドロになったりして、腎症・網膜症・神経障害をはじめとする、さまざまな合併症が起こってきます。

糖尿病の代表的な症状は、口が渇いて水をたくさん飲む、そのせいで尿の回数や量が増えるといったものですが、初期は自覚症状はほとんどなく、症状が出たときには、すでに合併症を併発していることも少なくありません。そうならないためにも、早めに気づいて対処することが重要です。

そのために役立つのが、今回ご紹介する「顔診法」です。

そもそも、顔つきや顔色、顔のむくみ、バランスなどから内臓の状態を把握する「顔診法」や、体形、歩き方、姿勢、立ち振る舞いなどから体調を見定める「望診法」は、東洋医学では古くから診断法の一つとして用いられてきました。

私も日々の診療で、患者さんの表情・姿勢・歩き方・しゃべり方、また、顔や手、爪、舌の状態をチェックするようにしてきました。

顔や体を見てその人の弱っている部分を推測し、検査項目を決める判断材料にしたり、すでにわかっている病気以外に、弱っている部分がないかを探ったりするのにも役立つからです。

そして2014年、天城流湯治法という手当て法の創始者で、健康プロデューサーの杉本錬堂氏(以下、錬堂氏)と知り合ってからは、天城流湯治法の望診法やセルフケアも活用しつつ、患者さんの診療に当たっています。

ではここで、糖尿病の顔診法のポイントを解説しましょう。

顔を見て糖尿病チェック

眉間が膨らんでいる
眉間の右寄りにシワができている

眉間には、糖尿病の他に、肺の機能低下、肝臓の状態も現れます。見分け方は、眉間にできたシワが横ジワの場合は肺の機能低下、縦ジワの場合は糖尿病です。

また、糖尿病は主に顔の右側に兆候が現れるので、膨らみや縦ジワが眉間の右寄りにできたときは糖尿病、真ん中や左寄りにできたときは肝臓病を疑います。