「食前に、キャベツをたっぷり食べてください」糖尿病の患者さんには、必ずこうアドバイスをしています。キャベツである理由は3つ、糖質が少なめ・かみ応えがある・食物繊維のバランスがよいこと。1ヵ月ほどで何らかの変化を実感できるはずです。【解説】工藤孝文(みやま市工藤内科 糖尿病内科医)

解説者のプロフィール

工藤孝文(くどう・たかふみ)

みやま市工藤内科糖尿病内科医・漢方医・統合医療医。福岡大学医学部を卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学。現在は、福岡県みやま市の工藤内科にて、糖尿病内科・ダイエット外来・漢方治療を専門に、地域診療を行っている。NHK「ガッテン!」「あさイチ」、日本テレビ「世界一受けたい授業」などテレビ出演多数。著書は50冊以上に及び、Amazonベストセラー多数。YouTube「工藤孝文のかかりつけ医チャンネル」が現在人気を集めている。
▼みやま市工藤内科(公式サイト)

(広告の後にも続きます)

1ヵ月ほどで数値に変化が出る

私の専門は、糖尿病の治療やダイエット指導ですが、糖尿病の患者さんには、必ずこうアドバイスをしています。

食前に、キャベツをたっぷり食べてください

これを実践すると、1ヵ月ほどで血糖値やヘモグロビンA1cの改善傾向がみられるからです。では、なぜキャベツなのでしょうか。理由は3つあります。

(1)糖質が少なめ

近年は、食事の最初に野菜を食べる「べジファースト」を実践している方も多いでしょう。野菜に豊富な食物繊維は、腸内での糖質の吸収をゆるやかにしてくれます。

ただ、野菜の中には、ニンジンやレンコンなどのように、糖質が多いものもあります。

その点、キャベツの糖質は、それほど多くはありません。可食部100g当たりの糖質量(利用可能炭水化物・単糖当量)は3.5gです(キャベツの葉は1枚100~120g)。

(2)かみ応えがある

生のキャベツは「かみ応え」があります。食べ物をかみ始めると、脳の咀嚼中枢が刺激されて「神経ヒスタミン」という脳内物質の分泌が促されます。

神経ヒスタミンは、満腹中枢を刺激して、食欲を抑えます。つまり、食事の最初にキャベツをよくかんで食べれば、食後の血糖値の急上昇を抑えつつ、食べ過ぎも防げるのです。

ちなみに神経ヒスタミンは、満腹中枢を介して交感神経(心拍数や血圧を上げるなど全身の活動力を高める神経)を刺激し、内臓脂肪の燃焼も促します。ですから、メタボが気になる人にもお勧めです。

(3)食物繊維のバランスがよい

生キャベツの食物繊維の量は、100g当たり1.8g。不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の割合は3対1です。

不溶性食物繊維は、便のかさを増やして便通をよくします。水溶性食物繊維は、腸内で善玉菌のエサになります。

近年の研究では、善玉菌が増えて腸内環境がよくなると、血糖値をコントロールしやすくなることがわかっています。

また、十分な食物繊維をとると、小腸ではGLP-1というホルモンの分泌が促されます。

GLP-1には食欲を抑えて食べ過ぎを防ぐ働きがあります。さらに、膵臓の細胞に作用して、インスリンの分泌を促進します。そのため、GLP-1は軽度の糖尿病の治療に用いられています。