どうにかしたいメガネ×マスクの不快感! マスク生活を快適にするアイデアを紹介

メガネとマスクを同時に着けることで起こる不快感は、自然に気分を落ち込ませてしまうもの。本記事では、マスク×メガネによる耳の痛みや息苦しさなど不快感を解決するための方法を紹介します。アイテムを使わず手軽にレンズ曇りを解決できる方法や、便利グッズもあわせてチェックしましょう。

メガネ×マスクによる耳の痛みを軽減する方法

マスクとメガネを着けていると、時間が経つにつれ耳がジーンと痛くなってくることがあります。そんな痛みは、耳が痛くなりにくいマスクを選んだり、メガネのサイズやフィッティングを調整したりすることで解決できます。まずは耳の痛みを解決する方法からチェックしてみましょう。

耳が痛くなりにくいマスクを選ぶ

マスクの素材やゴム選びにまでこだわると、耳の痛みは簡単に軽減できます。マスクのゴムはできるだけ幅の広いものを選ぶと、耳に食い込みにくくなります。また、マスク本体とゴム部分が一体になったものを選択するのも痛み対策の1つです。マスク部分と一体になったタイプは縫い目がないので、圧力や摩擦を感じづらく、長時間着用していても耳が痛くなりにくいようです。

メガネのサイズを調整する

メガネのサイズやフィッティングが顔に合っていない場合にも、耳の痛みを感じる場合があります。少しの衝撃や軽い運動でもズレを感じるようなら、メガネ取り扱い店で調整してもらうのが良いでしょう。

メガネのアイガンでは、アイガンで購入したメガネはもちろん、他店で購入したメガネでもサイズやフィッティング調整を受け付けています。ネジ入れやクリーニングなどにも対応しているので、メガネの着用感に違和感や不快感を感じた場合には、利用してみるのもおすすめです。

アイガンの安心保証

マスクを着けていると感じる暑さや息苦しさ。気温が高いと、さらに蒸れも感じやすくなります。ここではそんな不快感を解決する方法を紹介します。

自分の顔にフィットするマスクを選ぶ

サイズが合っていないマスクは、不快感の原因につながります。小さすぎるマスクは、顔に密着しすぎて息苦しくなります。息苦しさを軽減するためには、いつもより少し大きめのサイズを選ぶのがおすすめです。しかし、顔の横幅からはみでたり、目まで被さったりするような大きすぎるサイズは不適切です。隙間から飛沫が出る可能性が高いので注意してください。

立体型のマスクを使用する

マスクにはさまざまな形があります。その中でも立体型マスクは、鼻や口元に空間ができるので息苦しさが軽減されます。また口周りに余裕があるため、話しやすくなるのも魅力です。

(広告の後にも続きます)

メガネ×マスクによる曇りを対策する方法

メガネ×マスクで避け難いのがレンズの曇りです。レンズが曇る原因は、水蒸気を含む温かい息が、冷たいレンズにあたる温度差で、水滴になるから。特にマスクで口や鼻を覆っている場合には、普段よりも呼気の温度が高くなり、その温かい呼気がマスクと顔の隙間から抜けることでレンズが曇りやすくなってしまうのです。レンズの曇りは、マスクにちょっとした工夫を加えることで対策できます。

マスクの上部を折る

マスクを着けていてもレンズを曇らせない方法として、よく取り上げられるのがマスクの上部を折る方法です。やり方は簡単で、マスクの上部(ワイヤーが入っている部分またはマスク全体の4分の1程度)を内側に折り曲げるだけ。他にアイテムはいっさい使わないので、手軽に即実行できるのが嬉しいポイントです。

マスクの上からメガネをかける

折ることすらせず、マスクを着用した上からメガネをかけることでも曇りを防げます。目の真下までマスクを上げるか、少し大きめのマスクを着けるだけ。コツ要らず、アイテム要らずで呼気がレンズにあたりづらくなり、普段通りにマスクを着けるよりも曇りは軽減できるでしょう。

マスクの中にティッシュを添える

生活に身近なティッシュを使って、曇り対策もできます。やり方はティッシュを四つ折りにしてマスクの内側に添えるだけです。顔とマスクの間にティッシュが挟み込まれるようなイメージです。この対策は警視庁災害対策課の公式HPでも推奨されています。ティッシュは薄いので、目立ちにくいのが嬉しいですね。

メガネが曇らないマスクの付け方やレンズの曇り予防方法 – Aigan STYLE(メガネ・めがね)

マスクが欠かせない今の時期、メガネ愛用者を悩ませているのが「マスク着用時のメガネの曇り」。メガネのレンズが曇ってしまう原因はさまざまですが、マスクの付け方を工夫したり、アイテムを活用したりすることで、簡単にメガネの曇りを防止できます。本記事では、マスクを付けてもメガネが曇らない方法や、おすすめのグッズを紹介します。