「クエン酸サイクル」には、体のエネルギーを作りだす働きがあります。この働きで代謝が活発になると血流も改善し、免疫力アップや冷え症の改善などにも役立ちます。レモンの果肉や皮、酢には抗酸化成分が豊富に含まれています。この抗酸化力によって、高血圧をはじめとした生活習慣病の予防・改善にも、大いに効果を発揮します。【解説・監修】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)

解説者のプロフィール

村上祥子(むらかみ・さちこ)

料理研究家・管理栄養士。公立大学法人福岡女子大学国際文理学部客員教授。「ちゃんと食べてちゃんと生きる」をモットーに、日本国内の他、ヨーロッパやアメリカ、中国などで実践的食育指導を行う「空飛ぶ料理研究家」。電子レンジ調理の第一人者として活躍する他、弊誌にて、レモン酢をはじめ、ミカン酢、バナナ酢などのレシピ考案も行っている。

(広告の後にも続きます)

78歳で各地を飛び回る元気の秘訣「レモン酢」

酢に新鮮なフルーツを漬けて作る「フルーツ酢」は、フルーツと酢の相乗効果が手軽に得られて、毎日おいしく飲めると、多くの方から好評をいただいています。

私はこれまでに、約20種類のフルーツ酢を考案してきました。その中でも、一番人気があり、飲み続けている人が多いのが「レモン酢」です。

レモン酢を作り始めたきっかけは、3人の子どもたちの健康のため。わが家の子どもたちは、皆3歳から水泳を始めていたので、疲れがすぐに回復するようにと思い、レモン酢を考案しました。

私自身も、この50年間、レモン酢を飲み続けています。そのおかげか、今年で78歳になる今も、元気に仕事をしています。取材や講演を複数こなし、各地を飛び回っていても、疲れたり、くたびれたりということがないのです。

血液検査でも、異常な項目は一つもありません。血流がよいからなのか、真冬でもコートと薄手のブラウス1枚でへっちゃら。足の指先までポカポカしていて、冷え症とは無縁です。