血圧の上昇をはじめ、耳鳴りや冷え症といった不調の多くは、血流の目詰まりなどが招いていることがほとんどです。血流を改善させるには、過剰な有害活性酸素と、過剰な血中コレステロールを、血中から減らす必要があります。ここで鍵となるのが、レモンの代名詞ともいえる機能性成分「ビタミンC」です。【解説】本橋登(薬学博士・インド国立大学博士論文審査官)

解説者のプロフィール

本橋登(もとはし・のぼる)

薬学博士・インド国立大学博士論文審査官。1966年、東北大学大学院薬学研究科修了。アメリカ州立カンザス大学客員教授、明治薬科大学教授・理事を経て、現職。野菜やフルーツの健康効果や効能に詳しく、『フルーツ博士』として有名。テレビや新聞、雑誌などでも、解説者として活躍している。フルーツの著書・研究論文も多数。

(広告の後にも続きます)

豊富なビタミンCが血流をよくする

レモンは、数あるかんきつ類の中でも、栄養成分や機能性成分を豊富に含むフルーツです。果肉や果汁はもちろん、皮にも健康に役立つ機能性豊富な成分が、ぎっしり含まれています。

そんなレモンの成分を、余すところなくとれるのが「レモン酢」です。このレモン酢には、ダイエットや肥満予防などの他、高血圧の改善にも効果が期待できます。

[別記事:レモン酢の作り方→

その理由について、これからお話ししましょう。

血圧の上昇をはじめ、耳鳴りや冷え症といった不調の多くは、血流の目詰まりなどが招いていることがほとんどです。

万病の元となる血流を改善させるには、過剰な有害活性酸素と、過剰な血中コレステロールを、血中から減らす必要があります。この「活性酸素」とは、体内で増え過ぎると、健康な正常細胞を酸化して傷つけ、老化などを早める一因となる生体成分です。

ここで鍵となるのが、レモンの代名詞ともいえる機能性成分「ビタミンC」。ビタミンCは、別名「抗酸化ビタミン」とも呼ばれるほど、高い抗酸化作用があります。

このビタミンCの作用が体内で働くことで、余分に増えてしまった有害活性酸素が減ります。さらにビタミンCは、過剰な活性酸素による体内への攻撃も防いでくれるのです。

また、抗酸化作用が体内で発揮されると、血中の過剰なコレステロールも減少します。その結果、血流がよくなり、高血圧症などの改善につながる、というわけです。

この抗酸化成分は、レモンの果肉はもちろん、皮にも豊富に含まれます。ですから、レモンの果肉と皮を丸ごと同時にとれるレモン酢は、より強力な抗酸化作用が期待できるのです。