ママの心の声 (寒くないかな、大丈夫かな〜)←毎晩10回くらい。エアコンや暖房器具で室温を調整して、お布団を掛け直して、寒い季節はお世話も心配も増えますよね。

今回のコラムは、そんな ”キッズがお家で寝る時にあると役立つ” ほっとする温もりグッズを集めました。ヒット商品から新作まで、子供部屋と寝室があたたか〜く&センスUPする4選です。


【1】 ぬいぐるみ感覚で、抱っこして寝よう。



ムギュッ。

魚のお腹がたぽん、たぽん。じんわりポカポカ。

ユニークな海の生き物を抱きしめて、今夜はどんな夢が見られるかな?

ぬいぐるみを抱っこして寝るお子様に喜んでもらえそうな、クスっと笑みがこぼれるゆるキャラのようなニット湯たんぽ。北欧風の色使いがインテリアのアクセントになって、親子から愛される絶妙なルックスです。懐かしのハトヤのCMよりもオシャレ。

起き抜けのEテレタイムも、これをムギュッと抱っこしながら、朝ご飯ができるまで待っていてねー。




【ご紹介したアイテム】

海の生き物型の「湯たんぽ」。さわり心地の良いニット素材と落ち着いたカラーなので子供っぽくなり過ぎません。冬の冷えた体を優しく温めてくれます。

海の生き物湯たんぽ/Appartement La mer

(広告の後にも続きます)

【2】 選ばれて累計7万枚、売れすぎスリーパー



わが家でももう何年愛用しているだろう...これさえ着せていれば安心なんです 「kukka ja puu(クッカヤプー)」 のスリーパー。

身長120cmと110cmとの2人がおすわりベビーだった頃から、ずっと愛用中です。(小1男子、もうギリギリなサイズ感ですが毎晩着て寝ています。)

・ 子供が嫌がらない「あたたかい、薄くて軽い、動きやすい」

・ お洗濯してもすぐ乾き、丈夫で長く使える。

・ 着ている姿が上品でかわいい。←やっぱりココ重要。

冬の午後のまったり添い寝も、おすわり期の防寒も、少し大きくなって「おやすみ」の挨拶で抱きしめる時も、冬の子供達とのスキンシップの思い出には、このスリーパーがいつも一緒。子供がポカポカだと親は安心できますよね。ずっと育児を支えてくれています。




【ご紹介したアイテム】

布団を蹴飛ばすキッズの寝冷え防止に◎なフリース素材のスリーパー。何度も布団をかけ直す必要がなくなり、ママもぐっすり眠れるスリーパーです。

kukka ja puu フリーススリーパー/クッカヤプー 寝相が悪くても安心![日本製][選べる3サイズ]