「そんなことある?」入院当日、主治医の行動に驚いたこと #43歳で腎がんになった話 12

3児の母でブロガーのマメ子さんによる、43歳で腎がんになった体験を描いたマンガを紹介します。今回は、入院当日のお話。病室に現れた主治医の行動で、ちょっと驚いたことがあったようで……。

入院の説明を受け、セルフヘアカットも済み、コロナ感染による手術延期におびえながらも、ついに入院当日を迎えました。

入院受付を済ませて病室へ移動し、部屋の説明を受けてから検温・採血などします。

付き添ってくれた旦那も、コロナ対策のため長居できない決まりのため、早々に退出。

早速のお昼ごはんを平らげてのんびりしていると、主治医先生が病室に降臨されました。


来賓祝辞かっていうくらい、素敵な口上!!
心のいいねボタン連打です。

手術について、不安や質問はないですかと聞かれたので、聞き忘れていたことを聞いてみる。

腎臓全摘と聞いてますが、副腎も取るのですか?

「副腎は残す予定です。それから、取った腎臓の細胞を詳しく検査します」

ということは、私のがんがどういう種類の腎がんかも、検査が終わらないとわからないということですか?

「おっしゃる通りです。検査の結果は1〜2週間みてください」

そうか〜。

無事に腫瘍を取っても、これで終わりでないことはわかっていたけど。
最初の病院の先生が「見た目が珍しい」って言っていたことが引っかかっていて、少し不安。

そして、主治医先生、


そんなことある?と思ったけれど。
たしかに、これから左の腎臓だけを頼りに生きてかなきゃいけないのに、うっかりいいほうを取られたらたまんないもんね。
しっかり書いてもらいます。


病室に流れる奇妙な時間……。



ちょっと……ほわほわしてしまいました(伊之助風)。

手術前の緊張による吊り橋効果なので、お許しください。

そして、次回はいよいよ手術室へ。

監修/窪田徹矢先生(くぼたクリニック松戸五香院長)

著者/マメ子(43歳)
2021年3月血尿と疼痛から腎がんとの診断を受け、4月21日に右腎摘出、経過観察中。3児の母。ブログ「そらマメ絵日記(腎がん経過観察中)」を日々更新中。Instagram:@sora_mameko.628