食楽web

 八丁堀といえば、ビジネス街でもあり昔ながらの情緒を今でも残す街。そして美味しいお店が多くある街でもあります。なので、夜になるとやや敷居が高いお店でも、昼は美味しいランチを良心的な価格で出してくれる、という嬉しい面も。

 今回向かったのは、ビルの地下にある人気の店『ごちそう家ぽん太 八丁堀店』。旬の魚や、なかなか入手できないお肉など、ここに来ればなんか美味しいものが食べられる、と呼ばれている店です。ここに、ランチタイム限定でボリュームたっぷりの丼があるとの情報をキャッチ。果たしてどれほどの量なのか、期待しながら店に向かいます!


ランチメニュー表。「ソースカツ丼」だけ小中大の3種がある。「あじフライ定食」も美味しそう~

 席に着き、早速卓上にあるメニューをチェック。「Wステーキ丼」(1600円)や「月見ねぎとろ丼」(1000円)、「鮭といくらの絶品親子丼」(1700円)など、魅力的なラインナップの中、「ぽん太名物」のマークがついた「ソースかつ丼」のみ、小950円、中1000円、大1150円と、ボリューム別になっています!

 おそらくこれが、狙っていたデカ盛り丼。写真も他のメニューに比べて若干大きく見えるし。それに、初めてきた店なら、やっぱり店の名物を食べなくちゃね! ということで、「ソースカツ丼(大)」を注文です。もちろん、右上に書いてある「ごはんの大盛り・おかわり無料です」は見逃さない! ごはんも大盛りでオーダ。大で大盛り、果たしてっ!

カツ7切れでタワー状態! ど迫力のすり鉢デカ盛り約1.2kg!


「ソースカツ丼(大)」1150円。この日はサラダ、小鉢(パスタ)、香の物、お味噌汁がセット。小鉢の多さも嬉しい

 大盛りといえば、郊外の幹線道路沿いとか、学生街とか。まさか都心のビジネス街で、そこまで大きなのは来ないだろうな~。おそらく味噌汁とトータルで1kg弱ぐらい? なんて思っていたところに「ソースカツ丼」が目の前に。早速計測です。

 ずっしり。持ってみると予想以上に重い!「大の場合、器はすり鉢なんですよ」と店長の植木さん。このずっしり感だと、片手に持ってかっこむ、というのは腕の筋力がかなり必要です。体感2.5~3kg。

 直径18cm、高さ9cmのすり鉢に盛り付けられたソースカツ丼は高さ15cm、重さは1176g(器の重さを除く)。まさかの余裕で1kg突破。そして、お味噌汁181g、パスタ52g、サラダ33g、漬物15g(全て器の重さを除く)を合計すると1457g。想像以上にボリュームがあったよこのランチ! ありがたいっ!


スマホの高さを超える約15cm。すり鉢自体の重さを含め、持った感じは3kgぐらいに感じる。重いっ!

「ソースカツ丼の小だと4切れ、中だと5切れ、大だと7切れカツがのっています。器もすり鉢になるので、ゴハンの量も多くなりますね。今回は大で大盛りにしているので、普通の大よりさらに上のボリュームになっています」と店長。初めてのお店で“ゴハン大盛り”なんて気軽に言ったらたまに危険! ってことですね。

 昼はとにかくお腹いっぱい食べて欲しいんですよ。とにっこり微笑む店長。確かにこれなら、満腹になること確実です。お茶を飲みつつ食べることを考えたら、おそらく2kg弱まで余裕の胃袋じゃないと、ってことかも。となると、メニューにあった「Wステーキ丼」も気になるなぁ。「Wステーキ丼はここまではないですよ。うちのランチメニューで一番ボリュームがあるのは、このソースカツ丼ですね」。


ソースが程よくしみた、美味しい衣。カツの下にはキャベツの千切りが敷いてあり、その下にゴハン。

「豚肉の銘柄は決まっていないのですが、厚みは6mm、食べやすい厚みを考えて、たどり着いたのが6mmなんですよ。ソースは、野菜やフルーツを8種類ブレンドして作っているオリジナルソースです。カツが揚がったらそのままこの温めたソースにくぐらせて、熱いまま盛り付けているので、すぐに食べると衣がサクサクパリパリなんですよ」と店長。

 このソース、カツにはもちろんですが、キャベツやゴハンにも合う! 肉の厚さ、オリジナルソースなど、この「ソースカツ丼」に対する想いがビシビシ伝わってきます。元々は別の支店でランチの新メニューとして考案されたそうですが、いろんな「ソースカツ丼」を作ってこれに行き着いたとのこと。料理人さんたちの努力の上に完成した丼なんですね。


「寒い季節にはクエ鍋がオススメ。長崎港から空輸で届いたものを使っています。夜も食べにきてくださいね」(料理長の高橋豊さん)

 そこまでこだわりの「ソースカツ丼」、なぜここまでデカ盛りに?

「最初は女性でも食べきれる量を基準にしていたんですが、男性だとやはり物足りないと。で、大盛りをやってないとは言いたくなくて」。その結果、カツの枚数が5、7切れと増えてゴハンも大盛りになったそうです。

 大盛りがある反面、少食の人向けにカツ3切れのハーフで注文も可能。また、お店が認めた大喰いの人だけ注文できる、大の大盛、大の特盛も隠しメニューであり、もちろん完食が条件です。常連さんになると、おそらくトータル2kg以上のさらなる高みを目指せる、ということですね。この、お店が認めた大喰いさんの中には若い女性客もいるそうです。

 ソースをくぐらせているのにサクサクのカツ、そしてキャベツのシャキシャキが絶妙な美味しさの「ソースカツ丼」。小鉢もあるので、口の中をリセットしつつ美味しさを堪能して、あっという間に完食!

 そして、こんなに「ソースカツ丼」愛のあるお店、他のランチも、ディナータイムも美味しいものが食べられる気がする。次回は週替わりランチか、夜のお鍋か。八丁堀または日本橋周辺エリアに来た時は、また食べにきます!

(取材・文◎いしざわりかこ)

●SHOP INFO

店名:ごちそう家ぽん太 八丁堀店

住:東京都中央区八丁堀1-5-2 はごろもビル B1F
TEL:03-6228-3225
営:11:30~14:30(L.O.14:00)、17:30~23:00(L.O.22:00)
休:日曜(土曜は要事前問い合わせ)