WHOのガイドラインでは、「冬季の室内温度は18℃以上をキープするべき」とされています。対して、日本の居間の在宅中平均室温は16.7℃で、値を満たしていない住宅が全体の6割を占めていました。英国建築研究所の評価システムによれば、16℃以下では深刻な健康リスクが現れると警告されています。【解説】伊香賀俊治(慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科教授)

解説者のプロフィール

伊香賀俊治(いかが・としはる)

1959年東京生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業、同大学院修了。(株)日建設計、東京大学助教授を経て2006年より現職。専門分野は建築・都市環境工学。博士(工学)。日本学術会議連携会員、日本建築学会副会長、国土交通省スマートウェルネス住宅等推進調査委員会幹事を務める。

(広告の後にも続きます)

WHOの基準を満たさない家が6割

「冬は家が寒いのは当たり前」と考えている人は多いのではないでしょうか。

昔ながらの日本家屋は、基本的に木と紙で造られており、寒い外気が入りやすい構造です。そうした家にあって、「冬場は、火鉢で暖を取り、寒さをしのぐ」といった慎ましい生活を送るのが、古来日本人にとって習慣になっていました。

しかし、近年では、こうした寒い家が、健康に悪影響を及ぼすことが明らかになってきています。その点について指摘する医学論文も、次々と発表されているのです。

そして、2018年11月には、世界保健機構(WHO)から、「住宅と健康ガイドライン」が発表され、暖かい住まいや断熱工事などの推進勧告が出されました。その内容には、「冬季の室内温度は18℃以上をキープするべき」ということが明示されているのです。

そうした世界的な流れの中、日本では、2014年度から国土交通省と厚生労働省が初めて連携し、生活空間の温熱環境が健康状況に与える影響を検証するために、さまざまな調査を開始しました。

その一環として、日本全国約2200軒に対し、住宅の部屋ごとの冬季平均室温度を調査しました。

すると、居間の在宅中平均室温は16.7℃で、WHOの勧告値18℃を満たしていない住宅が全体の6割を占めていました。

また、寝室と脱衣所に至っては、在宅中平均室温はそれぞれ12.6℃と12.8℃であり、いずれも18℃未満の住宅が9割も占めていたのです。

こうしたデータからも、いかに日本の家屋が寒いかがおわかりでしょう。 

〈都道府県別の在宅中の平均居間室温〉
冬の室温が低い地域ほど、冬の死亡増加率が高い

出典:Umishio W, Ikaga T et al.: Indoor Air (2020), 30(6), pp.1317-1328

〈都道府県別冬季の死亡増加率〉

出典:人口動態統計(2014)に基づき伊香賀研究室分析

昔から住宅環境と健康の関係についての研究が盛んだった、イギリスの英国建築研究所の評価システムによれば、健康的な室内温度は21℃です。18℃から健康リスクが現れ、16℃以下では深刻なリスクが現れると警告されています。

この基準から、日本の冬の住宅室温を見ると、大きな衝撃を受けるはずです。

では、寒い家に住んでいると、どのような健康リスクが起こるのか、具体的に見ていきましょう。