【特集セカンドライフ】第13回 楽しみながら学び続けるセカンドライフを〜堀 紘一さん〜

「特集 セカンドライフ」は、社会で活躍するさまざまな人のセカンドライフ(第二の人生)を聞く特集企画。第13回はドリームインキュベータ創業者で、ボストンコンサルティンググループ日本代表などを歴任した堀紘一さんにお話を伺いました。

目まぐるしい現役時代から、ゆとりあるセカンドライフへ

―2020年に75歳でドリームインキュベータの取締役を退任されました。現在はどのような生活を送っていますか?

堀紘一さん(以下、堀):ドリームインキュベータだけでなく、ボランティア以外の「対価を受け取る仕事」はほぼすべて退任しました。大学卒業以来、読売新聞入社を皮切りに三菱商事勤務、ハーバード大学院留学・MBA取得(日本人初の首席取得)を経てボストンコンサルティンググループの日本代表に着任、そして55歳でドリームインキュベータ創業……と、我ながら目まぐるしい人生を送ってきたので、今のように自由な時間がたっぷりある生活を送るのは社会人になって初めてのことです。

現役時代は常に社用車で移動していましたから、最初のうちは、久し振りに乗る地下鉄や電車の勝手がわからずに四苦八苦したり、スーパーでクレジットカードが使えるようになっているのを知って驚いたりしたりと、新たな発見や気づきの多い、充実した毎日を送っています。

自由時間がたっぷりあるので、ゆっくりYouTubeやNetflixで動画を見たり、友人と食事に行ったりする楽しみも増えました。まさに、セカンドライフを謳歌しているというところでしょうか。

(広告の後にも続きます)

「生涯現役」に未練なし。母の遺言も後押しに

―堀さんのような起業家の場合、「生涯現役」を貫く方も珍しくありません。現役引退に迷いはなかったですか?

:ありませんでしたね。ドリームインキュベータは確かに私の創業した会社ですが、時代の流れとともに、いつの間にか良くも悪くも私が理想としていた会社とは違う会社になっていきました。だったら、すっぱり辞めて、あとは若い人に任せた方が良いだろうと思ったのです。

もちろん、生涯現役で働く人生もありだと思いますし、周囲から「まだまだ働けるのにもったいない」とも言われましたが、私は海外生活が長かったせいか、逆に早くリタイヤしたいという気持ちのほうが強かったですね。日本では退職すると社会から必要とされなくなる……みたいな悲観的なとらえ方をする傾向があるようですが、海外では早期リタイヤしてセカンドライフを楽しむライフプランを選ぶ人が多いんですよ。

結果として、今は心穏やかにハッピーに暮らしていますから、私の場合はリタイヤして正解でした。亡き母が生前、「紘一は頑張り過ぎている。早く引退して自分の人生を大事にしなさい。大切なことがわかるようになるから」と繰り返し言っていたのですが、遺言通りにして良かったと思っています。