【眼科医が解説】花粉症による目のかゆみケアと、効果的な花粉対策とは

花粉症が気になる季節。くしゃみや鼻水などの症状に加え、目のかゆみを感じる人も少なくありません。今回は、だんのうえ眼科 二子玉川院の院長である大島由莉先生に、花粉症のメカニズムや目のかゆみの正体、花粉症ケアや予防について教えていただきました。花粉症予防にぴったりのアイガンのメガネもみていきましょう。

だんのうえ眼科 二子玉川院 院長 大島由莉先生

専門分野である白内障や角膜はもちろんのこと、コンタクトレンズの使用に伴うトラブルなど、「街の眼科医」として目に関するお悩みにはどのようなことでも親身に対応。また、アンチエイジングの分野にも詳しい。

花粉症のメカニズム

鼻だけでなく、目にもつらい症状が現れる花粉症。まずは、花粉症のメカニズムについて、大島先生に伺いました。

――花粉症のメカニズムを教えてください

「花粉症は、後天的なアレルギーの反応です。体の中に異物(花粉)が入ると抗体ができ、免疫細胞ができます。すると、再び花粉に触れる機会が来た時に体の免疫細胞が反応して、異物への攻撃を始めます。この攻撃が花粉症の症状として表れるのです。

鼻や口に入った花粉はくしゃみや鼻水を、空気中に舞った花粉は目に付着して、涙や充血、かゆみなどの症状を引き起こします」

(広告の後にも続きます)

目のかゆみの正体はアレルギー性結膜疾患

花粉症の症状である目のかゆみ。ここでは、なぜ目のかゆみが生じるのかを紹介します。

――花粉症の症状に目のかゆみがありますが、かゆみの正体を教えてください

「目のかゆみの正体は、花粉に反応したアレルギー性結膜炎疾患。皮膚と違って、白目は結膜という粘膜に覆われており、中に毛細血管が多くあります。直接外界に接するため、ダイレクトに花粉が触れてしまいます。すると、体が反応して花粉を目の外に出そうとします。異物である花粉への攻撃にヒスタミンなどの化学物質が放出されるため、涙や充血、目のかゆみが生じるのです」

――目のかゆみの原因が花粉なのか、その他にあるのか見分ける方法はありますか?

「正確に調べるなら、血液検査で何が原因か調べる方法ですね。ただ、検査でアレルギー反応がないものも、今後反応する場合があるので、あくまでも現状の体の状態確認として行ってください。

最近は花粉がどれくらい飛んでいるかの情報もあるので、そういった季節に目のかゆみなどの症状が出ているのであれば、花粉症であると疑って良いと思います。また、花粉症は遺伝することもあるので、親御さんが花粉症の場合は判断材料の1つになるかもしれませんね」