メガネクリーナーでレンズをピカピカに。正しい使い方やメンテナンス方法も解説

メガネ拭きを使っても改善されないレンズの汚れは、そのままにしておくと視界が悪くなりメガネ自体の劣化にもつながります。そこで本記事では、メガネ愛用者におすすめしたいケア商品であるメガネクリーナーを紹介。種類や特徴からメンテナンス方法、おすすめ商品まで詳しく紹介します。

メガネクリーナーの役割

日常的なメガネケアとして、メガネ拭きを使っている人も多いでしょう。しかし、汚れ具合によってはメガネ拭きでは取り除けない汚れもあります。メガネクリーナーは、メガネ拭きだけでは取りきれない汚れや指紋などを取り除けるアイテム。メガネを愛用している人には必須と言って良いほど、持っておくと便利です。

(広告の後にも続きます)

メガネクリーナーの種類と特徴

スプレータイプやムースタイプ、シートタイプなど、種類豊富なメガネクリーナー。各タイプの特徴を解説します。

ムースタイプ

細かい泡状のムースでメガネの汚れを落とすのが、ムースタイプクリーナーの特徴です。簡単にレンズ全体にムースを行き渡らせられるだけでなく、均一に拭けるので不器用な人にもおすすめ。ただし使い終わった缶は、決められた方法を守って処分する必要があります。

メガネ専用クリーナー クリンネス21【通常サイズ】|愛眼公式オンラインショップ

via online-shop.aigan.co.jp

¥¥1,100(税込)

販売サイトへ

メガネを清潔にできる! 除菌・帯電防止機能付き! 液だれしないムースタイプ。 毎日使っても約1か月持ちます。

スプレータイプ

スプレータイプのメガネクリーナーは、レンズに液体を噴射して使います。スプレーをかけた後にティッシュなどを使って拭き取ると、メガネの汚れを簡単に取り除けます。スプレーボトルから液体を広範囲に噴射できるのがメリット。面倒臭がりな人にもおすすめです。容器の種類が豊富で、持ち運び用のコンパクトなものから自宅用として置いておくサイズ感のものまで、用途に応じて選択できます。

シートタイプ

シートタイプのメガネクリーナーは、メガネ拭きのようにレンズを拭き上げて汚れを取ります。小さくて個包装になっているので、持ち運びにも便利。また1回のみの使い切りタイプで衛生的なため、キレイ好きな人にもぴったりです。レンズを擦って汚れを取り除くため、砂や大きなホコリなどが付いている時には先にレンズを洗い流しましょう。汚れを取り除かないまま擦ってしまうと、キズの原因になる恐れがあります。

点滴タイプ

レンズの上に液体を垂らして使う点滴タイプのメガネクリーナー。汚れがひどい場所に垂らせば、集中してキレイにできるのが特徴。頑固な部分汚れを落としたい人に適しており、容器がコンパクトなので持ち運びにも便利です。使用時の注意点として、レンズ表面のコーティングが劣化している場合は、汚れを悪化させる危険があります。使用前にきちんと確認しましょう。