「コンタクトを付けるのが怖い…」正しい装着方法や練習で不安を解消しよう

コンタクトに興味がありながらも、「痛そう、難しそう」といった不安や、なんとなく「コンタクトが怖い」といった理由で、購入を躊躇している人もいるでしょう。しかし、コンタクトについてよく知ることで、今抱えている不安が解消されるはずです。本記事では、よくあるコンタクトに対する不安要素とその対処方法、コンタクトレンズの着け方・外し方を解説するとともに、メガネのアイガンで扱っているコンタクトレンズについても紹介します。

コンタクトに怖さ・不安を感じる理由

コンタクトを「怖い」と感じる理由は人それぞれ。初めてコンタクトに挑戦する人が抱く、不安や怖さを見ていきましょう。

コンタクトを目に入れると痛そう

目に直接レンズを着けるため、痛そうだと思う人が多いようです。実際のところ、痛みの感じ方には個人差があります。なかには、目の裏側にコンタクトが入りそうだと不安を感じる人も。しかし、まぶたは袋状の構造になっているため、コンタクトが奥に入ることはありません。

コンタクトによる目の病気が怖い

コンタクトを装着することによって、目の病気を引き起こさないか不安になる人もいます。コンタクトの装着で起こり得る代表的な病気は以下の通りです。

コンタクトの使用は必ず眼科医の指示に従い、使用時は日々のケアをしっかり行いましょう。コンタクトを正しく使えば、過度に不安になる必要はありません。

コンタクトの着け外しが難しそう

着け外しに不安に感じる人もいるようです。また、レンズを目に入れる恐怖から、ついついまばたきをしてしまい、コンタクトが入れられないといったケースもあります。

初めてコンタクトレンズを作りたい!購入方法や種類などを解説 – Aigan STYLE(メガネ・めがね)

「メガネはメガネ販売店で買う」というのは、誰もが知る一般常識ですよね。でも、コンタクトレンズはどこで買えばいいかと聞かれると、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。また、「管理が大変そう」「老眼でも大丈夫?」「装着するのは痛くない?」などの不安から、コンタクトレンズの購入を思いとどまっている方もいらっしゃるかもしれません。本記事では、これから初めてコンタクトレンズの購入を考えている方に向けて、購入までの手順やレンズの種類、早く慣れるためのコツなどを解説します。

(広告の後にも続きます)

コンタクトによる「怖い」を解消する方法

コンタクトに対して怖さや不安を感じると、なかなか購入には踏み切れないですよね。ここでは、コンタクトに対して抱いている「怖い」という気持ちを解消する方法を解説します。

1.眼科の指示に従う

まずはコンタクトが着けられるかどうか、どのコンタクトが合っているのか、眼科で診察を受けます。痛みなどの不安があればその際に相談し、医師に目の状態をしっかり診てもらいましょう。必要に応じて目薬などを処方してもらえるケースもあります。

コンタクト装着時の痛みや異物感の解消には、ある程度の慣れが必要です。眼科医の指示に従って、徐々に装着時間を延ばすなどして慣らしていきます。また、コンタクトを使用する際は定期検査が必須。目に異常を感じていなくても必ず受けてください。もし、コンタクトを使用していて少しでも不安なことがあれば、この時に相談してみましょう。

2.コンタクトの使い方・ケア方法を守る

コンタクトは、正しい使い方・ケアを行うことが大切。それが、痛みの解消・病気の予防にもつながります。

1日使い捨てタイプ以外のコンタクトは、毎日のレンズケアが必要です。その際、使用しているコンタクトの種類に応じた正しいケア方法を守ってください。また、コンタクトの使用期間も必ず守らなければいけません。期限が切れたコンタクトは劣化している恐れがあります。着けると目の病気につながることもあるので、決して使わないようにしましょう。

コンタクトレンズ洗浄液のタイプを知って快適なコンタクトレンズライフを – Aigan STYLE(メガネ・めがね)

ソフトコンタクトレンズの汚れや雑菌を除去するのに欠かせない洗浄液。洗浄液にも、「過酸化水素系」、「ポピドンヨード系」、「MPS系」などさまざまな種類があるのはご存じですか?また、コンタクトレンズ洗浄液の種類によって、洗浄力の強さや使用方法、カラーコンタクトレンズに使用できるかどうかも変わってきます。今回は、「正しいソフトコンタクトレンズ洗浄液の使い方」と「重視したいポイント別に合わせたおすすめ商品」を紹介していきます。快適なコンタクトレンズライフを送るためにも、洗浄液のタイプや特徴を知って、自分に合ったものを選べるよう参考にしてくださいね。

3.着け外ししやすいものを選び、練習をする

ソフトレンズかハードレンズかによっても、着け外しの難しさが異なります。自分の目に合うもの、着け外しがしやすいものを、眼科医と相談しながら選びましょう。コンタクトの装着練習は、眼科で必ず受けられます。個人差こそありますが、1~2時間練習してコツさえ掴めば、着けられるようになりますよ。