コンタクトはなぜ曇る? 原因を知って不快感を解消しよう

コンタクトを着けている時、レンズの曇りが気になったことはありませんか? もしかしたら、普段のコンタクトの使い方やレンズの選び方に原因があるかもしれません。そこで本記事では、コンタクトが曇る原因や曇りを予防するための対策に加えて、曇り以外の不快感を解消する方法についても解説します。

コンタクトが曇る原因

コンタクトが曇る原因はさまざま。コンタクトを快適に着けるためには、曇る原因をしっかり突き止めることが大切です。まずは、考えられる原因をいくつかピックアップして紹介します。

涙の成分の付着

涙に含まれているタンパク質や脂質などの成分がレンズに付着することでコンタクトが曇ります。マイボーム腺というまつ毛の生え際にある器官が詰まってしまうと、涙が蒸発しやすくなり、それによって涙の成分がつきやすくなるのです。

化粧品の付着

化粧品やハンドクリームが指についたままの状態でコンタクトを触ると、それらに含まれる油分がレンズに付着し、コンタクトが曇ってしまいます。特に、ウォータープルーフタイプの化粧品を使用する場合は注意が必要。手を洗っても指に化粧品の成分が残っていることがあります。

また、まつ毛の生え際ギリギリまでメイクをすることも避けた方が良いでしょう。まばたきの度に、まつげの生え際のメイクがレンズに付着して曇ってしまいます。

ホコリ・花粉などの付着

空気中にはホコリや花粉などが浮遊しているもの。これらがレンズに付着するとコンタクトが曇ります。また、花粉による目ヤニなどのアレルギー症状も、レンズが汚れて曇る原因です。

目の病気

結膜炎などの目の病気によってコンタクトが曇ることも。病気によって目の分泌物が増えることで、コンタクトが白く曇ってしまいます。目に違和感がある場合は、迷わず眼科を受診しましょう。

(広告の後にも続きます)

コンタクトの曇りを予防するための対策

コンタクトの曇りが気になる場合は、普段のケアやコンタクトの選び方などを注意しましょう。コンタクトの曇りを予防する対策を解説します。

清潔な手でコンタクトに触る

指先に汚れが付いた状態のままでコンタクトを触ると、レンズに汚れが付着してコンタクトが曇ってしまいます。コンタクトを着け外しする前は、必ず手を洗い清潔を保ちましょう。なお、水洗いだけだと手についた汚れや油分を落とすには不十分なことも。必ず石鹸を使って手を洗ってください。

コンタクトのケアを丁寧に行う

目から外したコンタクトは、丁寧にケアすることが大切です。コンタクトに汚れや油分が残っていると、水をはじくのでさらに汚れがつきやすくなります。また、汚れや油分が残ったコンタクトを装着することで、目にトラブルを引き起こすこともあります。ハードコンタクトの場合は酸素が通りにくくなり、使用期限よりも短い期間しか使えなくなってしまうこともあるようです。

コンタクトを外した後は、レンズの裏・表の両方を指の腹を使ってしっかりこすり洗いしましょう。使用する洗浄液の指示に従って、正しいお手入れをしてくださいね。

コンタクトを着ける・外すタイミングに注意する

コンタクトを着け外しするタイミングにも注意が必要です。コンタクトはメイク前に着け、そして外してからメイクを落とすようにしましょう。こうすることで、メイク汚れやクレンジングオイルなどのメイク落としの成分がレンズに付着するのを防げます。

2Weekではなく1Dayタイプを選ぶ

使い捨てのコンタクトレンズを使用する場合、より清潔にそして曇りを気にせず使いたければ、1Dayタイプがおすすめです。2Weekタイプも使い捨てではありますが、使用期間中は毎日のケアが必須。そのためきちんとレンズが洗浄できていないと、汚れの蓄積・菌の繁殖や曇りの原因になりかねません。

その点1Dayタイプであれば、ケアをせずに毎日清潔なコンタクトを着けられ、汚れを次の日に持ち越さずに済むので、2Weekタイプに比べて曇りにくいです。

ワンデーコンタクトレンズの魅力とは?レンズの種類や特徴と合わせて解説 – Aigan STYLE(メガネ・めがね)

コンタクトレンズにはさまざまな種類がありますが、その中でも最も使用スパンが短い種類がワンデーです。ワンデーには使い捨てタイプならではのさまざまな魅力があります。今回は、コンタクトレンズの種類とともに、ワンデーの特徴やメリットなどを解説します。コンタクトレンズ選びに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。