筋肉には「屈筋」と「伸筋」があり、特に耳周辺の屈筋は、ストレスから無意識に食いしばる癖などで、強く収縮して硬くなりやすい部位です。耳の裏と足の裏という屈筋の起点と終点にテープをはって屈筋がゆるむと、筋肉のポンプ作用が高まって、周辺の血液やリンパの流れがよくなります。【解説】北裕二(パーソナルトレーナー)

解説者のプロフィール

北裕二(きた・ゆうじ)

パーソナルトレーナー。ポイントテーピング考案者。大手フィットネスクラブでチーフトレーナー、店舗責任者、スーパーバイザー等を歴任。運動指導だけではよくならない事例を多く見たことで、さまざまな手法を学び、独自メソッド「からだコネクト」を考案。プライベートトレーニングサロンki-ta(キータ)で、パーソナルトレーニング・加圧トレーニングをはじめ、古今東西の整体を組み合わせた独自の施術で、トレーニング初心者からプロスポーツ選手などのトップアスリートまで、幅広くサポートしている。全国各地での講座・講演も積極的に行っている。
▼プライベートトレーニングサロンki-ta(公式サイト)

(広告の後にも続きます)

小さく切ったテープをはっておくだけ

耳の裏と足の裏に、2cm角のテープをはるだけ。」

押したりもんだりする手間もなく、誰でも簡単に実行できるのに、たちまち体に驚くべき変化が現れるのが「耳の裏テープ健康法」(正式には「 ポイントテーピング」と呼ぶ)です。

腰やひざ、股関節などの関節の痛み、がんこな首・肩・背中のこり、曲がった腰、猫背、O脚などが改善し、さらにその場でウエスト、ヒップ、フェイスライン引き締まるなどの美容効果も得られます。

ドラッグストアなどで購入できる一般的な肌用のテープを、2cm角に適宜切って使います。テーピング用のテープやキネシオロジーテープ(伸縮性がある筋肉サポートテープ)、布ばんそうこうなど、肌にはるためのテープであれば、なんでも構いません。

ただし、セロハンテープやガムテープは避けてください

もっと手軽にはりたいときは、磁気治療粒やゲルマニウム粒のはり替え用シールを利用するとよいでしょう。はり替え用シールは、すでに2cm角程度になっているので、台紙からはがして所定のポイントにはるだけで済みます。その簡便さから、私はもっぱら、このはり替え用シールを愛用しています。